装飾材料

写真付きの壁のデザイン壁紙

あなたの家を飾りたいという欲求は、常に人間に内在しています。最初の住居は洞窟で、人々は壁に絵を飾るようになりました。私は原始的な洞窟の芸術家がこれを非常に巧妙に行ったことを認めなければなりません、そしていくつかの洞窟で今日まで保存されている洞窟壁画はこれを証明しています。もちろん、陰謀に問題があったことを訴えることができます。狩猟について、しかし戦争についての問題がますます増えています。何をすべきか、その時代には住居の設計は男性にありました.

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙物語の不足に加えて、別の問題がありました。あなたが家を変えるとき(そしてあなたは時々これをしなければならなかったとき)、洞窟を持っていきます «腐りにくい» それは不可能でした。新しい洞窟では、すべてを最初からやり直す必要がありました。人々は自分の絵を肌に、次に布に、そして紙に転写することを考え、考え、学びました。だから私たちは現代の家を飾るために使用したい仕上げ材がありました。そして、プロット、ドローイング、装飾品の豊富さは、先史時代だけでなく、ソビエト時代の終わりと比較することもできません。何百万ものソビエト家族のための小さくて平野の花のある紙の壁紙はありません。製造業者はあらゆる図面をあらゆる表面に転送することを学び、コレクションは常に更新されています。.

紙の壁紙は彼らの創造的な考えのピークではないとメーカーは考え、竹、コルク、および革、木、石を模したベースで、天然の天然素材から丸め壁の素材の生産を習得し始めました。だから人類はそこから戻ってきました-洞窟壁画から石を模した素材の壁紙まで.

いくつかの種類の壁紙とそれらの使用の特徴について簡単に↑

壁紙は依然として最も人気のある装飾材料です。使い続けるのに便利で、品質とデザインがさまざまで、手頃な価格です。ただし、各種には固有の特性があります。

  • 論文。多様な品揃え、優れた耐摩耗性、環境の清潔さにより、競争を超えています(通気性が良い), «呼吸する»)、 低価格。それらは、層の数によって、単層(シンプレックス)、2層(デュプレックス)、3層(トリプレックス)に分けられます。紙の層数の違いに加えて、パターンの有無にかかわらず、滑らかでエンボス加工とエンボス加工が施されています。塗装や撥水剤を塗る紙の壁紙があります。ほとんどの部屋で使用できますが、湿度の高い部屋(バスルーム、キッチン)で接着することはお勧めしません。彼らの耐用年数の間、彼らは彼らの外見を失わない。通常、5年ごとに交換されます.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • ビニール。発泡またはバルクのポリビニルの層が紙または不織布のベースに適用されます。彼らはあらゆる救済表面を模倣することができます:キャニー、革、石、木、ベネチアン石膏。このような壁紙には、デッサンや装飾が施されています。上層のシルクスクリーンの壁紙はシルク糸を含み、表面がシルクで装飾されているような印象を与えます。それらは耐久性、日光および湿気への耐性、弾力性が特徴です。ただし、気密性があるため、子供部屋や寝室には使用されていません。彼らはリビングルーム、廊下、廊下、キッチン、バスルームで接着できます。.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • 不織布。彼らは不織布を使用して作られています-セルロース繊維と織物から成る不織布材料。繊維は、水分の影響下でサイズが変化しないポリマー材料を結合します。この点でビニールの壁紙とは異なります。環境に優しく、耐摩耗性があり、防音性に優れています。彼らは深いレリーフパターンを持っています、日光は美しく彼らの表面で屈折しています。照明が異なると、壁紙の色が変化します。接着する場合、接着剤は壁の表面にのみ塗布されます。ほぼすべての面に接着できます。不織布の壁紙は、壁面の凹凸を完全に覆います。塗装には多くの種類の不織布壁紙が利用可能で、そのためにラテックスまたは分散塗料が使用されます。塗装は通常接着後に行われます。どんな部屋でも使えます.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • 繊維。ファブリックベースのテキスタイル壁紙と壁紙があり、その製造では、テキスタイルスレッドが不織布または紙ベースに適用されます。彼らは良い遮熱性と遮音性を持ち、空気をよく通します。直射日光に強い。継ぎ目のない壁紙を注文して、継ぎ目なしで部屋のすべての壁を接着できます。貼り付けには専門的なスキルが必要です。貼り付けの難しさは、高価格とともに主な欠点の1つです。彼らはオフィス、リビングルーム、ベッドルームに接着されています。テキスタイル壁紙は高価な生地で壁の張りの印象を与えます.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • メタライズ。それらの製造において、アルミニウム箔の薄い層が多孔質紙の層に適用される。フォイルの上部は柔軟な塗料の層で覆われていますが、塗料は電流を流すべきではありません。描画またはエンボスがペイントレイヤーに適用されます。最初の目的は、外部からの電磁干渉から部屋を保護することです。今、彼らの主な仕事に加えて、彼らは装飾的な機能も果たします.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • カレット。この壁装材はガラス繊維で作られています。繊維は、非常に高温で天然素材(石英砂、石灰、ドロマイト、ソーダ)から得られます。それから、ヤーンはファイバーグラスから既に織られているファイバーから形成されます。環境にやさしい素材、難燃性、非常に耐久性。寿命は数十年にも及ぶ場合があります。通常、さらに塗装するために接着されます。主に公共、オフィス、産業施設で使用されています.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • フォト壁紙。プロッタまたはオフセット印刷を使用して、イメージがほとんどすべての基準に転送されるこの壁紙。彼らの貼り付けは、ベースの貼り付けのルールに従って行われます(壁は紙、ビニール、不織布などです).
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙
  • 液体。これは綿またはセルロース繊維、染料および特別な接着剤の混合物です。指示に従って混合物を水中で混合し、壁に塗る。帯電防止性があり、耐火性があります。住宅およびオフィス施設の装飾に使用されます。追加の染料またはコンポーネントを組成物に追加することにより、壁面にほとんどすべての色と外観を与えることができます.
    写真付きの壁のデザイン壁紙
    写真付きの壁のデザイン壁紙

壁の壁紙デザイン↑

重要! さまざまなデザイン手法を駆使して、壁紙を装飾に使用する主な方法は2つあります。.

最初のケースでは、彼らは主人公-支配的な仕上げとして機能します。他のすべての内部要素はエクストラとして機能し、 «パフォーマンス» 背景の壁紙の装飾と一致している必要があります.

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

2つ目は、アクセントを作成し、特定のゾーン、ニッチ、壁の一部を強調するために使用されます。デザイナーは強調します-部屋のこの部分は特別な意味上の負荷を担います。部屋の内部に不協和音が入るのを避けるために、バランス感覚を維持することは非常に重要です。彼らの助けによってなされた強調は、全体としてインテリアの知覚を支配し、妨げるべきではありません。.

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

写真付きの壁のデザイン壁紙

それとは別に、部屋の寸法と壁紙の装飾に使用されるパターンの調和の取れた比率を維持する必要性を強調する必要があります。あなたは大きなパターンの壁紙で小さな部屋を飾ることはできません.

logo

Leave a Comment