バスルームとトイレ

バスルーム家具デザイン

バスルームのインテリアの手作り計画はかなり複雑ですが、興味深いです。残念ながら、バスルームは常に快適な本当のオアシスを作り出すのに必要な広い面積を持っています。 «リラクゼーション». 特に小さなバスルームは «自慢» フルシチョフのアパートの所有者-明るくエレガントなインテリアをうまく​​計画することは決して簡単ではありません。大きな部屋で作業しているときに小さな欠陥が部外者に見えないままでいる場合、小さな部屋ではエラーのないソリューションを使用する必要があります.

バスルーム家具デザイン

小さなバスルームでは、壁の色から使用するアクセサリーまで、事実上すべてのディテールが重要です。家具はバスルームの内部の特別な場所を占めています。家具は快適さとスタイルの最も重要な要素の1つです。彼女の選択は、既存の豊富さにもかかわらず、一見すると思われるほど単純ではありません。購入する前に、それが作られている材料だけでなく、それがどのように有機的に見えるかについても評価する必要があります «繁雑» 既存の壁、天井、バスルームの床.

バスルーム家具デザイン

家具を選ぶときは、別の重要な側面-その色-を覚えておく価値があります。小さな部屋では、原則として明るい色合いの家具がより適切であるという事実にもかかわらず、特定の条件下では、暗い飽和色を使用することは十分に可能です。たとえば、壁が数倍軽く、家具自体があまり大きくない場合、小さなバスルームのインテリアにあるバーガンディのバスルーム家具。優れたオプションは、壁に取り付けられているが床には置かれていない家具です。.

標準へのカスタムアプローチ↑

ほとんどのバスルームは、流し台の下のキャビネット、いくつかのフロアキャビネット、鏡、ランドリーバスケットなど、書面による規制があるかのように、かなり標準的に設計されています。そのようなキットはしばしば «冠» 床と壁の普通のセラミックタイル。照明へのアプローチもさまざまではありません-天井の1つまたは2つのランプとミラーの側面照明。インテリアデザインへのこのようなアプローチでは、リラックスやストレス解消に適した雰囲気を作り出すことはできません。.

バスルーム家具デザイン

新しいインテリアを計画するときは、既存のステレオタイプを考慮せずに、自分の好みから始める必要があります。自分で作成したバスルームのインテリアを調和させるには、実行するすべての作業を慎重に計画する必要があります。完璧に。できる特別なコンピュータプログラムを使用できます。 «試す» 家具自体の配置、壁や床の色、必要なアクセサリーの配置に関するさまざまなオプション.

バスルーム家具デザイン

これが不可能な場合は、将来のお風呂を描こうとすることができます。ここでの主なことは、形状や細部ではなく、一般的な配色を正確に表示することであるため、これを行うために能力は必要ありません。したがって、壁の色、床、家具自体の最適な組み合わせを事前に決定することができます。魂の場合、実験することを恐れないでください «尋ねる» 黒い家具、それをインストールして、壁と床の表面をできるだけ明るくし、部屋の照明を明るくすることができます.

バスルームの家具-スタイルまたは機能性↑

小さなバスルーム用の家具を選択するとき、所有者にとってデザインがまだ明確ではない場合、必然的に家具の機能性とそのスタイルの間で選択する必要があります。そのような困難は、快適さのすべての属性を簡単に配置できる大きなバスルームの幸せな所有者によって実際には経験されません。部屋の既存のニーズを完全に満たす完成したオプションの検索はかなり長くなる可能性があるため、小さなバスルームを快適で日常の使用に便利にするために、自分のスケッチに従って家具を作ることを考えるのは理にかなっています。.

バスルーム家具デザイン

小さな部屋の場合、バスルームのコーナー家具は非常に便利です。これは、部屋のコーナーがかかわるように設置され、ほとんどの場合、それは単に使用されません。限られたスペースでプラスチック製の家具を使用したり、床に直接、つまり脚なしで設置したりすることは望ましくありません。これにより、視覚的にスペースが重くなります。吊り下げ家具セットを使用するのが最適なのは、小さなバスルーム用です。.

バスルーム家具デザイン

家具を選択するときは、その機能に特別な注意を払う必要があります。ドアをスムーズに閉めるニュアンス、キャビネット内の多数のコンパートメントの存在、防錆処理を施したアクセサリ、または曇りのないミラーにより、操作の快適さが大幅に向上します。さらに、小さなバスルームでは、一般に認められているデザイン基準から離れて、直立した家具を完全に捨てることができます。壁に取り付けられた水平モジュールと正常に交換できます。広々という点では、標準的なキャビネットとまったく同じですが、見た目ははるかにエレガントで興味深いものです。.

バスルーム家具デザイン

家具の配置と照明↑

浴室の家具のデザインが思いつくのであれば、独自のアレンジも思いつきやすい。もちろん、バスルームが小さい場合、家具は壁に沿って独占的に配置されます-他に選択肢はありません。バスルームが許せば、実験もできます。もちろん、バスルームの中央に、キャビネットを配置することは完全に賢明ではありませんが、 «引っ込んだ» 床風呂はかなり可能です。したがって、部屋は興味深いデザインを得るだけでなく、所有者が壁に沿って配置された最大限の家具を使用することもできます。これにより、部屋の機能が大幅に向上します。.

バスルーム家具デザイン

バスルームの照明にも多くの注意を払う必要があります。それを提供することをお勧めします «マルチレベル» – このソリューションは、大小のバスルームに等しく適しています。選択したスタイルの方向に応じて、大きなシャンデリア、小さなミニマリストランプを天井に配置できます。天井が複数レベルの場合は、組み込みのランプを使用できます。追加の光源は、床から100〜180 cmの高さで壁に取り付けられます。彼らの役割は、小さな指向性照明器具やきちんとした壁取り付け燭台かもしれません。 3番目のタイプの照明は、ミラーの照明です。あなたはハイライト興味深いアクセサリーを使用することができます.

バスルーム家具デザイン

装飾面-禁止なし↑

どんなに洗練された優雅な浴室の家具であっても、そのデザインはそれに限定されません。重要な点は、床の選択と天井のある壁の装飾です。小さなバスルームの自己装飾のための多くのアイデアは、次のビデオで見ることができます

浴室の床材↑

フローリングにはさまざまな種類がありますが、磁器の石器やセラミックタイルはバスルームに最適です。最大の強度と耐久性は磁器によって区別されます。それを扱うことは特に難しくありません、そして天然石とのその類似性はフローリングを豊かでエレガントにします。磁器と合わせて、あたたかいフロアシステムが使えます。磁器タイルは最小の浴槽のどんなインテリアにもフィットします。それは豊かな色で生産され、磨きとマットのオプションがあります-これらは主に滑る可能性を排除します.

バスルーム家具デザイン

壁飾り↑

壁の装飾にセラミックタイルが使用されていることは明らかですが、現在は代替案が数多くあります。たとえば、防水特性を備えたさまざまな装飾プラスター。スエードや木材から天然石まで、ほぼすべての表面をシミュレートでき、簡単に任意の色に着色でき、それらを適用する作業は難しくなく、独立して行うことができます。壁の色を選択するとき、それは部屋の決定的な壁の色であるため、家具や床の部分と最大限に関連付ける必要があります。非常に濃い飽和色を使用しないでください-そのようなバスルームにいると疲れます.

バスルーム家具デザイン

天井↑

インテリアの他の部分との不一致の可能性を排除するために、クラシックな白い色で天井を残すことができます。浴室の所有者が革新の精神に異質でなく、変化を恐れていない場合は、天井を着色することもできます。もちろん、すべてのバスルームに飽和色の天井があるわけではありませんが、それが大きい場合は、窓、明るい壁、同じ家具があり、飽和色の天井はバスルームの良い装飾になります。.

バスルーム家具デザイン

logo

Leave a Comment