子供部屋

10代の少女のための部屋のインテリア

子供部屋のインテリアデザインは、大人用のインテリアの作成とは大きく異なります。ここに «動作しません» 最も標準的なトリック、特に部屋がティーンエイジャー向けの場合、 «反抗的な» 性格と常に変化する優先事項。子供とティーンエイジャーのための部屋のデザインにはいくつかの大きな違いがありますが、最大の機能、実用性、安全性などの瞬間は、準拠するために必要です.

10代の少女のための部屋のインテリア

10代の少女のための部屋のデザインは、自分で選択するのは非常に難しく、登録の過程で子供も直接参加する必要があることを親は覚えておく必要があります。ティーンエイジャーはインテリアの快適さと美しさについての彼自身の考えを完全に形作ったので、ティーンエイジャーの快適さの考えに合わない彼自身の意見を課そうとするどんな試みも事前に失敗する運命にあります.

10代の少女のための部屋のインテリア

専門家によると、ティーンエイジャーの部屋のインテリアはできるだけシンプルである必要がありますが、機能的で便利です。ティーンエイジャーはもはや子供ではありません、そして、原則として、たくさんのかわいい豪華なアクセサリーはすでに不適切です。明るすぎるだけでなく, «素晴らしい» たとえば、宿題に集中できない色。もう1つの重要な点は、子供の想像力を含む、空きスペースの必須の可用性です-その過程で «住居» その中の新しい部屋は確かにティーンエイジャーにアピールする多くのささいなことが表示されます.

10代の少女のための部屋のインテリア

仕上げ材-優先事項は自然と環境にやさしい↑

10代の少女の部屋のインテリアでは、家具が大きな役割を果たしています。高品質で安全かつ機能的でなければならないという事実は、確認を必要としません。 13歳の10代の少女のための部屋のインテリアは、ティーンエイジャーがいずれにしてもそうするので、特別に高価な専用の材料であってはなりません。 «行き過ぎ» 両親が独自の方法で作成したインテリア.

10代の少女のための部屋のインテリア

たとえば、高価な壁紙が貼り付けられている壁は、 «サイト» 多数のポスター、図面、アイドルの写真などに使用できます。スタッコは、子供部屋の壁の装飾に最適なオプションになります。標準では、塗装する平面を作成することも、さまざまなテクスチャをシミュレートして装飾することもできます。.

使用されるすべての塗料とワニスは、水またはアクリルベースでのみ選択する必要があります。これらは、臭気がなく、高いレベルの環境安全性を特徴としています。フローリングの選択はかなり細心の注意を払う必要があります。子供部屋に最適なオプションはラミネートです。十分な環境への配慮、低コスト、さまざまな色と質感、高い耐摩耗性、お手入れのしやすさ、つまり、子供用の部屋で必要なすべてのものとは異なります.

10代の少女のための部屋のインテリア

家具はティーンエイジャーのための部屋のデザインのメインテーマです↑

10代の少女の部屋の家具を選ぶときの主な注意は、その品質に与えられるべきです。ホルムアルデヒドなどの有害なフュームの空気中の絶え間ない発生源となる、安価なチップボードから家具の選択肢をすぐに一掃する価値があります。そのような部屋に集中することは非常に難しく、適切な換気がない場合、そのような家具は常に頭痛の種になる可能性があります。品質証明書の検証が義務付けられている無垢材またはMDFで作られた家具を購入することをお勧めします.

10代の少女のための部屋のインテリア

もちろん、16歳のティーンエイジャーのための部屋のデザインは、もはやシンデレラ宮殿に似ているべきではありませんが、過度の厳密さと単純さも不要です。 10代の家具は、理想的には、変形しやすく、落ち着いた色で、鋭い角が最小限に抑えられている必要があります。.

10代の少女のための部屋のインテリア

間違いなく、ミラーは10代の少女のための保育園の内部に必要です。しかも «満足» すべての女性の自然なニーズである鏡は、部屋のスペースを視覚的に拡大します。これは、特に小さな部屋に当てはまります。保管する場所を忘れないでください «子供の» ドアを鏡で作ることができるスライド式ワードローブが適切な役割を果たすワードローブ.

10代の少女のための部屋のインテリア

2人の10代の女の子のための部屋の配置方法↑

家族が2人の10代の少女と1つの部屋しかない場合、最適なインテリアを選択する手順は何倍も複雑になります。特に、若者の年齢と趣味が異なり、部屋の面積が比較的小さい場合。この場合、デザインは非常に慎重に計画する必要があります。壁全体の基本的なトーンを設定する壁の色から始めるのが最善です。過度に強くすることはできません。追加の色を適切に選択するのは困難です。自然で柔らかくパステル調の色合いを使用するのが最適です。.

10代の少女のための部屋のインテリア

部屋の面積が小さい場合、2人の女の子のための寝台はいずれにしても2階建てになります。家具メーカーは非常に興味深く美しいデザインを提供しているため、通常、青少年からそのような決定に異議はありません。両方の子供が小学生の場合、それぞれがレッスンを勉強するのに快適なワークエリアを割り当て、装備する必要があります。たとえそれらの寸法に違いがなくても、小さな部屋に一度に2つのデスクトップを置くことは常に可能とはほど遠いです。解決策は、1つのテーブルをインストールし、2番目のテーブルの代わりに、適切に変更された窓枠を使用することです。.

10代の少女のための部屋のインテリア

この場合、標準の窓枠の代わりに、広いカウンタートップを注文できます。下部には、ロック可能な小さなベッドサイドテーブルを車輪の上に置くことができます。この場合、子供がすべての学用品を保管するのに便利です。たとえば、コンピューター自体をカウンターの上に置きます。この場合の壁は、教科書やさまざまなものの棚として機能します。 «装身具», 女の子は年齢に関係なく大豆の空間を飾るのが大好きです。このようなソリューションは、最小限のコストで2つの本格的な作業領域を装備することを可能にします.

10代の少女のための部屋のインテリア

テキスタイルに多くの注意を払う価値があります。 10代の少女のための部屋を用意する前に、特に大量のテキスタイルを使用する場合の長所と短所を慎重に比較検討する必要があります。これは、ティーンエイジャー自身の特性によるものです-空気中の過度のほこりやアレルゲンにつながる可能性のある掃除をする人はめったにありません。理想的には、10代の少女の子供部屋の設計では、手入れが簡単で、特定のスタイルの要素を部屋に持ち込むことができるブラインドまたはローラーブラインドが最適です。子供部屋では、広い領域を覆う毛皮の敷物やカーペットは少し不適切に見えます.

10代の少女のための部屋のインテリア

ティーンエイジャーの部屋に必須のテクニックとしてのゾーニング↑

部屋の対象となる子供の年齢に関係なく、いくつかのゾーンが明確に定義されている必要があります。

  • レクリエーション;
  • 作業;
  • ゲーム.

寝台がある休憩所は、子供が横になったときに玄関のドアとそこに入る全員が見えるように配置する必要があります。にもかかわらず «取るに足らない» この時点で、この規則を遵守すると、10代の少女の心理的快適さが大幅に向上します。可能であれば、これの帰属を何らかの方法で強調できます «プロット» 休憩用の部屋-壁を落ち着いた色で強調するだけで、ベッドの前に敷物を置くことができます。敷物はサイズが小さいですが、パイルが高く柔らかくなっています.

10代の少女のための部屋のインテリア

作業領域は、アクセサリーで豊富に装飾するべきではありません。その配色は、色合いの強度の点でより大胆になる場合があります。冷たい色は非常に適しています-青、怒っていますが、黄色や明るい黄色、オレンジ、テラコッタは適していません。作業エリアの家具は、滑らかな線をたくさん入れずに、より厳密にする必要があります-これにより、子供が «ワーキング» はい。デスクトップの照明には特に注意を払う必要があります。部屋の一般照明だけを行うことは不可能です。必ず1つまたは2つのテーブルランプを取り付けてください。現在人気のある省エネランプでランプを使用する場合は、書き込みと読み取りのためにランプを使用する必要があることを知っておく必要があります。 «暖かい» 軽く、寒くない.

10代の少女のための部屋のインテリア

遊び場は、原則として、10代の子供よりも小さな子供に関連しています。ただし、彼女の存在は非常に望ましいです。 10代の女の子が運動のファンではない場合でも、ほとんどすべての女の子が時々欲望を持っています «する» 彼女の姿、そしてそのために彼女は自分の部屋に空きスペースを必要としています。それに加えて、こじ開けることなく従事する機会がある場合 «空の» コーナーは簡単に設置できます。たとえば、エアロバイクやトレッドミル.

10代の少女のための部屋のインテリア

10代の女の子のための部屋のインテリア-プロセスへの子供の参加が必要です↑

年齢に関係なく、子供のために設計された部屋のインテリアが作成された場合、家具、壁紙、その他のアクセサリーを選択するプロセスへの彼の参加が必要です。子供の運命が、原則として、自分が好きなアクセサリーをいくつか選択することになった場合、ティーンエイジャーはもっとたくさんのことを考えなければならないでしょう。そうでなければ、すべての不快な側面が即座に表示されます «思春期». したがって、10代の少女の部屋で将来のインテリアのスタイルの方向を決定することは、共同で、またはプロのデザイナーの助けを借りてのみ必要です.

10代の少女のための部屋のインテリア

ティーンエイジャーと両親のスタイルに対する見方が根本的に異なるという事実にすぐに備えることは価値があります。そしてここでは、ある程度の妥協点を見つける必要があります。たとえば、インターネットに座って、同じ年齢の10代のインテリアの写真を一緒に見ることができます。原則として、10代の女の子のための完成したインテリアの100を超えるオプションを見てきたので、スタイルの優先順位、家具のコンポーネント、インテリアの原色について、独自の多くの結論を得ることができます。.

10代の少女のための部屋のインテリア

10代の女の子のための部屋のインテリアが一緒に選ばれた場合、子供は特に両親の考えに抵抗しません «仕えた» 最終通告ではなく、提案の形で。さもなければ、あなたは子供と深刻な対立を起こす必要があります。または、フルベッドの代わりにエアマットレスで黒で装飾された部屋を手に入れましょう。もちろん、これは寓話ですが、青年期の生活に対する見方は大人から説明するのが難しいので、このシナリオはかなり現実的です.

logo

Leave a Comment