廊下と廊下

壁パネルの廊下に手を

廊下の壁は、特に家に小さな子供やペットがいる場合、他の部屋よりもはるかに多くの損傷と汚染を被ります。廊下と廊下の装飾材料は、家のこの部分がゲストが最初に目にしたものであるため、細心の注意を払って選択する必要があるのはそのためです。.

このような場合に使用できる仕上げ材はたくさんありますが、それぞれに長所と短所があります。.

廊下のDIY壁パネル

プラスチックパネル↑

ポリ塩化ビニル製のパネルは、カドミウムとアスベストを含まない人工素材です。そのセルラー構造により、高品質の遮音が必要な状況で理想的です。.

プラスチックパネルの主な利点は次のとおりです。

  • 色とパターンの膨大な選択;
  • 日光に対する良好な耐性を提供する保護コーティングの存在;
  • 高湿度の部屋での使用の可能性;
  • 離れる際の利便性;

ただし、材料が人工であるという事実を考えると、このようなパネルは住宅の建物の装飾に使用することはお勧めできません。.

廊下のDIY壁パネル

MDF廊下の壁パネル↑

MDFパネルの製造には、高温高圧でプレスされた微細なチップと木粉が使用されます.

厚さが16ミリに達するパネルは、木のように見えます.

MDFパネルの利点は次のとおりです。

  • 信頼性が高く強力であると同時に、簡単に切断されます。
  • 熱と遮音を高める;
  • 販売中は、撥水性で耐火物を含浸させたパネルを見つけることができます。
  • どの部屋の装飾にも使用できますが、廊下や廊下で最も有利に見えます.

廊下のDIY壁パネル

天然木パネル↑

このようなパネルの製造では、広葉樹と天然木を使用した木材が使用されています。主な材料は、ハンノキ、ヒマラヤスギ、オーク、灰、松、ブナ、メープルです。.

パネルが作成された後、特殊な組成物がパネルに含浸されるため、材料は耐湿性と耐火性になります。.

  • ベニヤパネルにはいくつかの層があります。メイン層は最も安価な材料である松で作られています。次に、2層または3層のベニアが接着され、その上に(貴重な種の)最後のベニアが接着されます。.
  • 層を互いに結合することは、ホットプレスによって起こります.
  • 最後に、パネルは慎重に研磨され、次にニス塗り、塗装、またはワックスがけされます。.

最も高価なのは、さらに磨きをかけた、貴重な木材のみで作られたパネルです。.

廊下のDIY壁パネル

ハードボードパネル↑

木質繊維ボードの製造は、木質繊維のホットプレスによって行われます。これにより、リグニン(有機バインダー)の開発が可能になります。これにより、製造における合成バインダーの使用が完全になくなります。.

ファイバーボードパネルの利点は次のとおりです。

  • ファイバーボードパネルは環境に優しい素材なので、住宅地での使用の可能性。
  • 耐湿性があるため、必要に応じて洗浄できます。
  • そのようなパネルは、その外観のため、廊下や廊下を飾るのに最適です.

さまざまな壁パネル↑

現在まで 廊下の壁パネル さまざまな色、テクスチャ、サイズで利用できます。これに従って、すべてのパネルはそれらの間でいくつかのタイプに分けられます.

タイルパネル↑

外観のタイルパネルはセラミックタイルのように見えますが、背面には固定システムがあります «ほぞ溝». このようなパネルは、主な素材として装飾に使用したり、他のタイプの仕上げと組み合わせたりして、明るく珍しい構成を作成できます。彼らは多くの場合、さまざまな仕上げで補完されるさまざまな色で生産されています。.

廊下のDIY壁パネル

スラットパネル↑

外観は通常の裏地によく似ていますが、留め具も付いています。 «ほぞ溝», インストールがはるかに簡単になります。ほとんどの場合、高さは2.5〜6メートル、幅は10〜40センチメートルです。.

廊下のDIY壁パネル

シートパネル↑

このようなパネルは、モノリシックで均質なシートの形で作られ、さらにさまざまなパターンで装飾されています。カスタムサイズの壁によく使用されます。シートパネルの主な特徴は、追加の資金なしで平らな壁に取り付けることができることです。.

廊下の壁パネルを選択するためのルール↑

廊下を飾るためのパネルの選択は、美しさに関するアイデアだけでなく、各素材の特性によっても導かれるべきです。選択したパネルの前面がワックスで覆われている場合、これは素材の耐湿性が良好であることを意味します。ただし、廊下では湿度の上昇はそれほど一般的ではないため、この特性はオプションと見なすことができます.

MDF↑

MDFパネルは非常に耐久性があり、室内の断熱レベルと遮音レベルを大幅に高めることができます。気温が高くなる部屋の装飾に必要な場合は、そのような条件では素材の魅力的な外観がすぐに失われることにすぐに注意してください。.

廊下のDIY壁パネル

プラスチック↑

PVC廊下の壁パネルは、部屋に追加の遮音が必要な場合に最適です。それらは、仕上げがつや消しであるだけでなく、図面やパターンで光沢があり、セルラである可能性があるため、設計ソリューションの実装が必要な場合の単なる発見です。パネルを汚染物質からきれいにするには、単に洗浄するだけでよいので、メンテナンスのしやすさは重要なプラスと見なされます。それらの主な欠点は、素材の不自然さです。.

廊下のDIY壁パネル

ツリー↑

壁の装飾に最も人気のある材料のリストでは、木材が1位にランクされています。そのようなパネルの外観は家の雰囲気をより快適にすることができますが、素材は最も高価なものの1つです.

パーティクルボードとファイバーボード↑

この材料の主な利点は、低コストです。フリルのないかなりシンプルな仕上がりの場合に最適です。低強度と考えられています.

コルク↑

コルクのパネルは、部屋の断熱性と遮音性を大幅に向上させる、自然で耐久性のある軽量素材です。それらの細胞構造のために、それらは廊下や廊下の本物の装飾になることができます.

DIY廊下の壁パネル↑

壁パネルを固定する方法は、その製造の材料と壁の品質によって異なります。

  • MDFパネルとファイバーボードパネルは軽量であるため、接着剤で壁に直接固定できます(ただし、壁が完全に平らな場合のみ)。接着剤は、パネルの表面全体にジグザグに塗布された後、壁にそっと押し付けられます。接着剤は柔軟で、パネルの熱膨張を妨げないものでなければなりません.
  • 機械的固定の追加の方法として、木枠にパネルを接着することができます。このような方法は信頼性が高くないため、主な方法としては機能しません。.
  • パネルを木枠に固定する最も信頼できる方法の1つは、ねじで固定することと考えられています。同時に、この方法は、急激な温度低下や高湿度のない部屋でのみ使用できます。その理由は、セルフタッピングねじが、材料の変形を伴う温度と湿度の上昇過程でパネルの膨張を防ぐためです。.
  • 別の、それほど人気のない方法は、クライマーを使用して木枠にパネルを固定することです。この場合、パネルの変形が心配されないので、この設置方法はどの部屋にも使用できます.

仕上げ作業を開始する前に、仕上げ材の正しい量を正確に計算する必要があります。店舗が適切な金額を決定できるようにするために、営業アシスタントは壁の高さと長さに名前を付けるだけです.

logo

Leave a Comment