リビングルーム

応接室のインテリアのフォト壁紙

リビングルームはアパートのメインルームであり、オーナーは常にそのインテリアのデザインに特別な注意を払っています。すべての女性は、リビングルームの外観によって、ゲストが彼女のホステスの能力を判断することを非常によく知っています。確かに、この部屋のデザインのニュアンスの多くは、所有者について多くを語ります。.

リビングルームの壁紙は適切ですか?彼らはインテリアデザインに何をもたらすことができますか?写真の壁紙のあるリビングルームはどのように見えますか?おそらくここでの問題は、私たちの多くがそれらの古い、まだソビエト時代の写真壁画を覚えていることです。チューブは記憶の中で発生し、そこから壁を飾るための珍しい材料が巻かれたロールが取り除かれました。選択肢はそれほど多くなく、品質は印象的ではありませんでしたが、最初は、写真の壁紙が不足していたという事実から、需要の急増が支えられました。この言葉は、黄金の鍵のように、あらゆる扉を開くことができ、この不足を持っていなかった人々を引き付けました。その後、需要は減少し始めました-かなりまともな壁紙が販売され始めました、そしてそれが来たとき «壁紙の豊富さ», 壁画への関心がほとんどなくなった.

しかし、新しいものは忘れられていた古いものであり、四半世紀以上経った今、壁画が戻ってきました。彼らは、これまでにない異なる範囲の図面を使用して、新しい画質で戻ってきました。そして、戻ってきただけでなく、他の装飾壁材の中で正当な位置を占めることができました.

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

なぜリビングルームで写真の壁紙を使うのですか? ↑

今日、市場に出ている文字通りの海のオファーの中から選択することが問題であり、希少な仕上げ材を見つけることではない場合、リビングルームのインテリアに写真の壁紙を使用する理由を冷静に評価できます.

写真の壁紙を使用して解決したタスク↑

とても重要! あなたが美しい壁紙を貼り付けても驚かないでください、そしてそれらはあなたが期待していた効果を生み出しません。プロのデザイナーからの推奨(そしておそらくあなたはそれらに属していない可能性が高い)は、専門的なプログラムで行われる部屋の内部の分析に基づいています。これらのプログラムは、居間の照明の構成、設置場所、使用する照明器具の種類など、多くのニュアンスを考慮に入れています。リビングルームの自然光も考慮されます。たとえば、南向きの明るい部屋では、冷たい色合いの写真の壁紙が空間の視覚的な拡張に非常に適しています。逆に、北向きの部屋では、光が足りず、 «熱» 壁紙の暖かい色合いを補う.

あなたができる正しい壁紙を使用して:

  • リビングルームをゾーニング。彼らの助けを借りて、部屋のゾーンが強調表示され、その機能が強調されます。ダイニングエリアには適切な壁紙になります «見落とす» バルコニーから川または海に向かって、レクリエーションエリアは自然の景色(これは所有者の好みによって異なります)と旅行から持ち込まれたお土産が置かれた小さな壁によく合います «友達を作る» エスニックスタイルの壁画.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 視覚的にリビングルームのボリュームを増やします。パースペクティブとは何か、誰もが知っている-これは遠大なイメージです。ただし、見込み客を適切に整理しないと、成功する可能性はほとんどありません。点灯 «役立ちます» 曲がりくねった道を走る美しい絵を見せるために、シャンゼリゼは凱旋門にあなたをまっすぐに導き、ゴンドリエはため息橋から美しい見知らぬ人を連れ去ります。そして、あなたのリビングルームは、端が見えないフィールドで終わります。または、凱旋門の背後にあります。壁の代わりに、あなたは無限に見える見通しを得る.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • インテリアに使用したリピートカラー。調和は色の繰り返しによって達成されます;美しいインテリアアイテムは、色のサポートがなければ調和して見えません。それは明るい独立したスポットのままであり、調和の取れたインテリアの一部ではありません。.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 対比を作成し、それらを再生します。白黒またはセピア色の写真の壁紙を背景にしたインテリアの明るいディテールは、非常に興味深いものになります。デザイナーは、モダンなインテリアや魅力的なスタイルのリビングルームをデザインするときにこのテクニックを使用します.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • wallpaper-trompe l’oeilを使用して、内部に錯覚を作成します。あなたが本好きで図書館の所有者であるという錯覚は、アレクサンドリアよりもかなり劣っていますが、本棚やキャビネットのある壁画が役立ちます。またはあなたは何ですか «付けた» 彼の居間には小さなボールルームがあります。または、招待された動物をパーティーに招待しましたが、サイだけは少し計算しませんでした。しかし、彼は本質的に不器用なので、彼は言い訳ができない。窓やドアが開いているレセプションはクラシックになりました.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 壁の一部を選択します。このテクニックは前のものをエコーし​​、偽の窓と偽のドアを配置することを可能にします.
    応接室のインテリアのフォト壁紙

写真壁紙のテーマ別分類↑

写真の壁紙には非常に多くの種類があり、一度に想像するのはさらに困難です。ある程度条件付きで、トピックごとに次のグループにグループ化できます。

  • 風景、自然のモチーフ、風景、花、植物、鳥、動物、昆虫のマクロ撮影。適切な配色で選択され、それらはどのスタイルで装飾されたリビングルームにも調和して見えます。リビングのカントリースタイルやエコスタイルに最適にマッチします。彼らは内部に新鮮できれいな空気をもたらし、部屋のスペースを広げるのを助けます.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 花の壁紙。これは自然をテーマにしたサブグループですが、製造業者はそれらを非常に多様にしており、特別な言及に値します。すべてのインテリアスタイルに適しているわけではありません。ハイテクスタイルまたはアーバンスタイルで装飾されたリビングルームの場所を見つけることはほとんどありません。.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 別のグループでは、海、島、小石の海岸、漁船、豪華ヨット、クルーズ船、深海の住民をイメージした壁画を撮影する必要があります。地中海または航海スタイルのインテリアに最適.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 山の風景。正式には、自然をモチーフにした壁紙に関係していますが、山は海と同じ永遠のテーマです。あなたは絶えず山を見ることができ、これらの眺めは退屈ではありません。確かに、あなたは «ファン» 山. «山だけが山より良いことができます!».
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • アーバンビュー。大都市の外に住むことを想像することができず、お気に入りのリビングルームでさえ自分の景色を手放せない人のために。スタイルハイテク、アーバン、モダン、ロフト。そのような写真の壁紙は、ガラスまたはミニマリストスタイルの漆喰のレンガ、金属、石で作られたモダンな家具に合います。リビングルームの照明とすべてのアクセサリーのスタイルに耐えることを確認してください.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 魅力とポップアートのスタイルの壁紙-ファンが人生をフォローするための «星» ポップ、映画、スポーツ、そして魅力的な雑誌をめくるだけ. «星» あなたを訪問し、長い間行ってきました。次の修理まで.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 抽象的な図面の壁紙。彼らはオーナーの内面について多くを語ります。誰もが抽象絵画を知覚しているわけではないので、リビングルームで写真の壁紙に抽象的なパターンを貼り付けるには、対応する場所にいる必要があります «流行».
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • さまざまな種類の壁のテクスチャを描いた壁紙.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
  • 絵画、壁画、トスカーナスタイルの壁画の複製-クラシックスタイルのリビングルームに最適です。上品で豪華。そのような写真の壁紙は当然必要です «伴奏» 天井の高い広いリビングルーム.
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙
    応接室のインテリアのフォト壁紙

どこに置くのが良いですか? ↑

重要! 壁の壁画は、人々の視界ゾーンのリビングルームにあるように接着されています。通常、これは布張りの家具またはダイニングテーブルの配置の近くの壁です。最初のケースでは、自分と家族のために、美しい景色を眺めながらリラックスできるリラックスした雰囲気を作り出します。2つ目は、自然の中でのピクニックの感覚、暖かい海の海岸にある海辺のレストランでのランチ、熱帯の島の楽園での愛する人とのロマンチックな孤独.

家具は、イメージを最小限に不明瞭にするような方法で配置する必要があります。そして、リビングルームのインテリア全体のように、家具が選択した写真の壁紙と調和していることが重要です.

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

カラースキームを組み合わせるためのルール↑

インテリアの調和は実現することしかできません。 «落ち着く» 使用する色:リビングルームのカラーパレットを支配するマルチカラーの壁画では、落ち着いた中間色の背景を選択する必要があります。したがって、明るい緑の植物に囲まれた滝のイメージに合わせて、木製と明るい壁で作られたコーヒーテーブルを備えた非常に明るいまたは白い布張りの家具を選択できます。青い海は軽い砂の家具と調和します.

ただし、実際に計画を実行する前に、専門家に相談し、最初に選択した色合いとインテリアスタイルの互換性を確認する必要があります。インテリアの多くの美しい明るい細部は、1つのアイデアに関係なく、リビングルームに色の混乱のみを作成します.

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

応接室のインテリアのフォト壁紙

logo

Leave a Comment