天井

偽の天井日曜大工

民家、コテージ、アパート、お風呂の建設や修理では、重要な詳細の1つは天井です。自分の手で修理するほとんどすべての人に、どのように、どの天井を作るか、これにどの材料を使用するかという疑問が生じます。偽の天井は今やかなりファッショナブルであると考えられています。インストールは簡単で、特別なスキルは必要ありません。.

どのような素材から仮天井を作ることができますか? ↑

そのようなデザインを実装するための材料はたくさんあります。選択は、それが取り付けられる場所に直接依存します:リビングルーム、オフィス、バスルーム、またはバス.

仮天井の設置に最もよく使用される材料:

  • 木質材料(パーティクルボード、木質繊維板の装飾パネル);
  • 乾式壁;
  • 高分子材料(ポリ塩化ビニル、発泡スチロール、その他のプラスチックで作られた装飾パネル);
  • 金属製品(銅、アルミニウム、亜鉛メッキ鋼).

ヘミング構造を取り付けるためのより多くの材料がありますが、最も一般的なのは乾式壁です.

日曜大工の石膏ボードの偽の天井↑

このようなデザインを自分で作成するのは非常に簡単です。必要な材料、自由な時間と少しの忍耐力だけが必要です.

重要:仮天井と仮天井を混同しないでください。それらの間には、プロファイルフレームのインストール技術にある1つの違いがあります。.

私たちの場合、サスペンションを取り付けるときのように、サスペンションを使用せずにプロファイルフレームがメインフロアに直接固定されています。難しいのは、天井スペースを介してエンジニアリングコミュニケーションを敷設することだけです。さらに、このデザインは部屋の高さを最小限に抑えます.

乾式壁で作られた仮天井を自分の手で取り付けるには、何が必要ですか? ↑

作業を開始する前に、次の材料とツールを準備する必要があります。

  • ドライバー;
  • ハンマードリルまたはドリル;
  • ハンマー;
  • ドライバーカーリー(十字形);
  • ダボ付きネジ;
  • チョッピングコードまたは鉛筆;
  • 天井ガイドプロファイル;
  • 乾式壁(通常9mm厚のGKLシートが使用されます);
  • 長さ2.5〜4 mmのセルフタッピングネジ(«トコジラミ»);
  • セルフタッピングねじ用の十字型ドリルビット。
  • 平方;
  • レベル;
  • 2.5-3 mmの長さの金属ネジ(乾式壁プロファイルへの取り付け用)

ステップバイステップ↑

最初の段階で、マークアップが行われます。これを行うには、部屋の隅にあるいくつかの点の周囲で天井の高さを測定します。最高点と最低点を比較します。それらの差は2 cm未満である必要があります.

偽の天井日曜大工

重要:最大点と最小点の差が2 cmを超える場合、裾の構造は構築できず、吊り下げた構造のみ.

第二段階では、壁にマーキングをします。彼らは最低点をマークし、それを主要点として使用します。鉛筆と水準器で部屋の全周囲に水平線を引きます。.

偽の天井日曜大工

第三段階。部屋の壁がレンガやコンクリートの場合は、パンチャーまたはドリルでダボの穴をあける必要があります。それらは、壁に描かれた線に沿って、互いに30〜40 cmの距離で掘削されます。壁が木材または気泡コンクリートの場合-ドリルする必要はありません.

第4段階では、プロファイルが作成されます。壁に開けた穴と一致するようにマークを付けます。ダボを穴にハンマーで打ってから、プロファイルを部屋の全周囲に描かれた線に沿ってしっかりとねじ込みます。隣接するプロファイルストリップを接続します。接続ポイントが固定されます «トコジラミ». 隣接するプロファイルストリップはメインフロアにねじ止めされています.

偽の天井日曜大工

第5段階では、乾式壁をセルフタッピングネジで固定します。ツイストは25cm以上離れており、帽子をシーツに沈める必要があります。その後、すべてのギャップとジョイントがパテされ、石膏ボードが塗装または壁紙化されます.

偽の天井日曜大工

↑木造仮天井

木材などの天井構造が住宅と浴場の両方に設置されています.

偽の天井日曜大工
偽の天井日曜大工
偽の天井日曜大工
偽の天井日曜大工
偽の天井日曜大工
偽の天井日曜大工

木で作られた仮天井の種類↑

木で作られた仮天井は断然最も人気があります。それは、まるで木の板やパネルが床から床に取り付けられているかのように、石膏ボードが提出されたように、その名前が付けられました «裾上げ» 彼ら。ほとんどの場合、そのような構造物は木製の床が付いている部屋に取り付けられますが、コンクリートの床が付いている建物では、それらも見つけることができます.

木製の仮天井を製造するためのいくつかの技術があります。

  1. 裏地(ユーロ裏地)より。それは最も一般的であり、多くの職人がこのデザインを好んだため、取り付けが容易であることを特徴としています。建設には、さまざまな木材種の裏地が使用されます。オーク、パイン、リンデンなど、さまざまな種類があります。ボードは天井のフレームに取り付けられています。原則としてドッキング «溝のスパイク».
    偽の天井日曜大工
  2. パネルから。このようなコーティングの設計は、上記のライニングオプションと同様です。違いは、パネルがフレームに取り付けられているのではなく、パネルに取り付けられていることです。このデザインはプレハブです。高価な木製の寄せ木張りのベニヤで貼り付けられた木製のシールドから組み立てられます。.
  3. 欠けた木材の型押し。それを作成するには、木製の長方形のブランクを縦に分割し、滑らかな側面でフレームに取り付ける必要があります。部屋の内側に面した欠けた木材によって、独特のレリーフパターンが作成されます。.

お風呂の仮天井の設置↑

浴場には、木材を中心としたヘム構造を取り付けます。これを行うには、厚さ22 mmのエッジ付きボード、または幅120 mmのライニングを使用します。この場合、プロファイルの代わりに、バーを使用できます.

偽の天井日曜大工

取り付け技術↑

まず、横棒の中央に溝を作り、次に床梁を置きます。バーは釘で固定されています。このデザインを取り付けるとき、煙突が天井を通過する場合、煙突の開口部を残す必要があります。バーがメインの天井に固定された後、蒸気を遮断するために材料を置きます。そのような材料として、建物のホッチキスを使用して天井に固定されているプラ​​スチックフィルムを使用できます。.

この後、ボードまたはライニングは、滑液包に縁取りされます。バスの仮天井が準備できたら、適切に断熱する必要があります。トピックに関するビデオを見ると、浴場に仮天井を取り付ける方法について詳しく知ることができます。.

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

仮天井アームストロング↑

このようなデザインを作成するには、フレームと天井プレートの金属プロファイルを使用します。ソフトとハードの2つのタイプがあります。最初の-有機と鉱物、2番目-金属とガラス(図面または鏡付き).

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

この設計の設置技術は非常に簡単です。フレームは、石膏ボードや木材のコーティングの取り付けと同様に、金属プロファイルで作られています。プレートの縁取りのために正方形が得られるように、隣接するプロファイルストリップのみが取り付けられます。サイズは通常600〜600mmです。フレームを取り付けた後、プレートを取り付け、写真のように天井がかかるようにします.

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

偽の天井日曜大工

ここですべてを正しく計算し、設置技術に準拠することが重要です.

結論:偽の天井は今や非常に需要があり人気があり、その設置は簡単であるにもかかわらず、建設の技術を注意深く検討しなくても、多くの修復不可能なエラーが発生する可能性があります。.

logo

Leave a Comment