接続と設置

自分で外部コンセントをインストールする

ほとんどすべての部屋の内部には、ソケットなどの電気機器の要素があります。それらがなければ、どこにもありません。あなたが取るものは何でも-アイロンやコンピュータなので、どこかにそれをつける必要があります。必要と思われる家電製品の数が常に増加しているため、これらの同じコンセントはひどく欠けていました.

自分で外部コンセントをインストールする

これに関して、特定のタイプのデバイスを以下で検討します。これは、閉鎖された住宅施設だけでなく、湿気のある環境の屋外でもうまく使用されています。.

それは屋外のコンセントについてです。彼らはまた呼ばれていますか?屋外、オープン配線用.

オープン配線用ソケットの特徴↑

彼らは通常のものとどのように違うのですか?主な違いは、かなり厚いボディです。それはそれ自体の内部をカバーします-セラミックフィッティングとコンタクトのグループ。壁に深く埋め込まれた取り付けボックスを必要とする内部コンセントとは異なり、外部コンセントはコンクリートや他のタイプの壁のハサミなどの労働集約的な作業を必要としません。これにより、自宅での1つ以上のコンセントの設置と設置が大幅に簡素化されます。.

自分で外部コンセントをインストールする

保護の程度↑

湿気やその他の物質から筐体を保護するさまざまな程度のオープン配線用の外部ソケットがあります.

重要! 電気器具を選択するときは、保護等級IPに注意してください。特に湿った部屋に設置する場合.

IP 21保護を備えたデバイスは、すべての側面が密閉されているわけではありません。裏側は開いており、設置時に壁面に寄りかかる.

基本的に、湿気のある危険なエリアでは、屋外のオープンソケットは完全に閉じたケーシングで設計されており、保護等級はIP 44からIP 68です。.

そのようなデバイスは、すでに述べたように、成形プラスチックケース、充電部の絶縁用カバー、密閉性を高めるゴム製インサートを備えています。これはすべて、建物の内外で感電や火災から人を保護するはずです。.

自分で外部コンセントをインストールする

取り付け機能↑

外部設置用のコンセントは、主に外部配線と組み合わせて使用​​されます。つまり、ワイヤーが壁ではなく外部に配置されている場合:セラミック絶縁体、金属ホース、プラスチックの波形またはプラスチックの箱の中.

重要! 金属の波形に設置すると、常に接地できるとは限りません。プラスチックの波形を使用することが好ましい.

もちろん、このような設置は内部を損なう可能性がありますが、この方法で配線をはるかに簡単かつ迅速に行うことができます。また、そのような設置のために、特別な機器は必要ありません、例えば、ソケットボックス用のクラウンを備えたグラインダーと穴あけ.

インストール↑

さて、実際に配線方法や外部コンセントの接続方法を考えてみましょう。最初にすることは、コンセントを選択することです。したがって、ドライルームに設置する場合は、IP 21などの保護クラスの小さい屋外のモデルを選択します。これは、保護レベルが高い場合よりもコストが低く、サイズがわずかに小さくなります。.

高度な保護を備えたソケットの使用。 ↑

完全に密閉されたコンセントの場合、上部カバーのネジを外すと、内部のセラミック部品が開き、その上に接点とワイヤー用のクランプがあります。.

自分で外部コンセントをインストールする

この内部は簡単に取り出せるので、配線の接続が容易です。行う必要がある主なことは、ケースを壁に正確に取り付け、鉛筆やマーカーで固定するために穴にマーキングをすることです。次に、ケースを取り外し、マーキングに従って、ダボ用に2つの穴を開けます。ほとんどの場合、これらはダボ6 * 40 mmです。さらに、ダボのプラスチック部分をすぐに穴に挿入し、金属部分を蓋にねじ込みます。蓋が壁にしっかりと固定されると、作業の半分が完了します。次に、ワイヤーを内部の端子に接続し、既に釘付けされたケースに挿入します。キャップをねじ込みます.

保護クラスIP 21のソケットのインストール。↑

次に、オープンバックのオープン配線コンセントの設置を検討します。ここでは、エアコンを接続する必要があります。最初のケースと同様に、カバーを緩めます。あなたの前には、側面に取り付けるための目が付いている内部部品があります。ご覧のとおり、取り付けはボックスで行われ、その後にワイヤーが配置されています。取り付けに適した場所を見つけ、内部を壁に取り付けます.

自分で外部コンセントをインストールする自分で外部コンセントをインストールする

自分で外部コンセントをインストールする

重要! この部分をボックスの近くに固定する必要はありません。そうしないと、後で蓋が上がらなくなります。試着する際は、カバーを固定するネジで組み立てて塗布.

自分で外部コンセントをインストールする

取り付けたら、内側を持ち、慎重に蓋を取り外します。目にマークを付け、壁に穴を開けます。次に、ダボのプラスチック部分を穴に挿入し、ダボの金属部分をソケットのアイレットにねじ込み、ねじります。これで接触部分はすでに壁にあります.

ワイヤーの接続に進みます。ここでは、事前に、ダボがワイヤーを敷設するために壁に取り付けボックスに釘付けされました.

ワイヤーを接続し、ボックスに入れます。それらをボックスにしっかりと置き、蓋をはめます.

ワイヤーの数がボックスに簡単に収まるようにボックスを選択する必要があります。そうしないと苦痛になります。.

カバーで、ワイヤーの出力用のくぼみを切り取ります。スロットは十分でなければなりませんが、見た目が美しく見えるには大きすぎません。カバーをしてネジを締めます。ボックスの反対側で、ワイヤーを接続します.

自分で外部コンセントをインストールする

重要! ワイヤーを接続する前に、回路の短絡を確認してください.

これはテスターまたはことわざで行うことができます。回路が鳴らない場合は、両端を接続して電圧を印加します。私たちは彼の存在を確認します.

重要! 連絡先を探す «ゼロ», それに電圧ゲージの一端を接続します。別のものに、コンセントの接地ピンに触れてください。 220 Vを示している場合は、アプライアンス内のワイヤーの毛を探します «段階» に «接地». これが発生した場合は、すぐに修正してください。そうしないと、電化製品の本体に危険な可能性があります。.
logo

Leave a Comment