フェンス、ゲート、ゲート

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります木製のフェンスは今日、ユニークな種類のフェンスです。古代に出現し(柵が最も人気のある品種であったとき、木製のフェンスのタイプがまだ出会っています)、家(サイト)を保護したり、より耐久性のある材料でできている他の人で作られた構造で異なる性質の建物を構築したりする数多くの可能性にもかかわらず、それは依然として需要があります。しかし、そのような非老化のファッションの理由は十分です.

美しい木製のフェンスは、最もシンプルで「洗練されていない」ものですが、スタイリッシュに愛想がよく、非常に複雑で洗練されており、彼の技術の真のマスターである「クール」なデザイナーの作品の痕跡を背負っています。自分の手で作られた木製のフェンスは、一方ではサイトの樹木や低木を覆わず、もう一方では所有者のプライバシーを保護する高さを持っている必要があります.

ハイテク時代の美しい木製のフェンス、広範な財務能力、標準化により、建物に独自のスタイル、独自の「顔」を与えることができます。木製のものを与えるためのフェンスを作るための最も一般的な材料はカラマツです.

木で作られたフェンシングの種類のリーダーとその利点↑

木製ピケットフェンスは、幅広い木製フェンスの中で最も人気があり、次のような利点があります。

  • 製造のために選択された材料の生態学的純度;
  • 湿気に対する高い耐性とそれによって引き起こされる悪影響;
  • 他の素材や周囲の自然景観との調和の取れた互換性。
  • 費用対効果の高い価格、耐用年数と完全に一致し、その最低基準は7〜8年.

そして、フェンスの表面を特別な保護組成物で処理すると、耐用年数を数倍に延ばすことができます.

退去全般について↑

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります

この問題のより広い範囲に目を向けると-木製のフェンスの塗装ですが、老舗で塗装済みのフェンスを塗装するオプションを検討する必要があります。最も有能なアプローチは、フェンスの表面から古い塗料、ほこり、汚れを取り除くことです。このため、剛性のあるベースを持つ特殊なスクレーパーが使用され、従来の粗い表面を持つ新しい木製のフェンスを含め、研削によって最大の効果を得ることができます。クラックが存在する場合、プライマーとパテを実行する必要があります。その後、再度エメリー布で研磨し、再度研磨します。この状態でのみ、表面は直接塗装の準備ができていると見なされます.

含浸と防腐剤のバリエーションは今日非常に多くあります。消費者は、色材のテクノロジーの現代性を重視して選択するか、高度の強度と色の保持を特徴とするワニスを選択できます。専用マスチックで仕上げ可能.

木製のフェンスの塗装方法を決定するときは、その地域の気候および環境要素への適合性に関して、塗装のすべての物理的特性を考慮する必要があります。.

このタイプのフェンス全体の適切なメンテナンスは、すぐに開始する必要があります-設置の瞬間から、フェンスの計画された配置を完全にクリアする前に、植生とアリを最大限に排除する必要があります。正当化されるアプローチは、領土のこのセクションを埋めるために使用できる色付きの砂利の取得です。.

木製のフェンスの支柱にも特別な処理が必要です。フェンスのさまざまな部分(地面の上下)には、さまざまな方法で、さまざまな種類の保護材を使用します。.

腐敗を防ぐために、雨(またはその脅威)ではなく、わずかな霧のないところで作業を行う必要があります.

フェンス:結論↑

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります木製ピケットフェンス 設計の可能性が最も広い(色、形、高さの選択)ため、郊外建設で人気のリーダーとして認められています。存在の規定を超えて時間とともに解消するデザインに基づいて、現在の外観は、何世紀にもわたる前任者とは、その優れた優雅さとモダンなデザインの印象だけが異なります。それにもかかわらず、インストールを行う人にとって、この種類のバリエーションの数は本当に無尽蔵に思えます.

吹くようなピケットのこのような特性は、アプローチに応じて、プラスとマイナスの両方で評価できます。遮音の面では、実際には完全な損失があります.

今日の伝統↑

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります

今日の需要が高いアンティークの木製のフェンスは、人工的なエージングなどの近代的なテクノロジーを使用して作成されています。その結果、古いボードは石や鍛造金属などのさまざまなスタイルや素材と完全に組み合わされます。彫刻されたフェンスを装飾することができます。次のようなタイプの彫刻:

  • 幾何学的;
  • 輪郭;
  • レース.

幾何学的なスレッドのフェンス↑

これは困難で面倒な仕事であり、特別なナイフやノミなどのツールを使用して、さまざまな幾何学的形状で構成される要素である木製のブランクの表面にパターンがノックアウトされるという事実にあります.

輪郭糸付きガード↑

このオプションも手作りのみです-必要な絵は鉛筆で木製の製品に描かれます、たとえば、それはたくさんの葉、鳥の群れ、原則として、思い浮かぶことができるすべてのものであり、その後、描かれた線の両側に沿って小さな凹みが特別なのみでノックアウトされます。実際、この方法で作られた彫刻が施されたフェンスは、美しく見えるだけでなく、かさばるようにも見えます。さらに効果を高めるために、くぼみを1つの色で、すべての突起を別の色でペイントできます。.

レース付きフェンス↑

見れば、このオプションは自分の手でフェンスを作るのが最も簡単です。木のすべてのパターンと描画が非常にすばやく作成されるためです。この方法の本質は、木製のブランクが取られ、必要なパターンがその表面に適用され、その後、ジグソーブレードが取り付けられているラインの任意の領域に穴が開けられることです。すでに電動ジグソーで、パターンが画像の輪郭全体に沿って切り取られています.

タイピング↑

日曜大工の木製のフェンスは、非常に独特な構造の広範な範囲によって表されます。

  • 猫の耳;
  • 凸ダブル;
  • 民間;
  • ピーク;
  • 凹面;
  • ツァルスキー連続など.

ピケットフェンスから木製のフェンスを作ります

しかし、一般的に、木製のフェンスの種類は、クラシックフェンス、はしご、チェス、トレリス、牧場、十字架などの品種の需要が高いことを特徴としています。.

木製のチェス盤のフェンスは、完全に隙間のない市松模様のボードの両側に配置されたボードによって特徴付けられます。このタイプの2つの主な種類は、水平チェスと垂直チェスです。.

外部フェンスとしての水平の「チェス盤」は、クライミングを非常に容易にし、強盗を引き起こす可能性があるため、非常に望ましくありません。.

木製の柵「すりおろし」(平面板とつるの細い枝を使用しているため)は、郊外の広々とした家と広大な地域の所有者の間で最も需要があります。この場合、製織はさまざまな程度の複雑さを持つ可能性があり、最終的に最終的な価格を決定します.

初心者が木製の柵を作るのは、もし彼がオーストリアの編み枝編みの形を選ぶなら、とても簡単です。このタイプのフェンスの設置のビデオは以下にあります

その中心には、これらは地面に打ち込む杭の間で織り込まれたロッドです。 「ブレード」は、構造物を作るために使用された平面ピケットフェンスによって提供される優雅さによって区別されます。ただし、その主な目的は装飾です。建物の美しさと優雅さには、このタイプのフェンスの寿命が短いなどの別の欠点があります.

「海外」の名前にもかかわらず、「牧場」の眺めはロシアのオープンスペースで非常に人気があり、庭園の区画をフェンスで囲むために伝統的に使用されています.

ハイフェンシング構造のファンは、詮索好きな目だけでなく、風や埃、ほこりから保護することも求めています。ただし、このようなフェンスの所有者は、フェンスのサイズが定期的なメンテナンスを必要とすることを理解する必要があります。もちろん、小さなエレガントなフェンスよりもはるかに多くの労力が必要です。.

木製のフェンスの建設は、古代の伝統と作業プロセスで使用されるツールに組み込まれた最新の技術に関連する現代のトレンドの両方を組み合わせた技術との詳細かつ包括的な知り合いを意味します.

logo

Leave a Comment