フェンス、ゲート、ゲート

自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

Rabitsaネットは、発明者にちなんで名付けられました。そのおかげで、フェンスやフェンスを建設するための建設資材がありました。 1878年に、それは発明者によって最初に記述されました。もう1つの意見があります-特許におけるRabitsグリッドの最初の言及は1872年にさかのぼり、ドキュメント自体はJ. Petersの名で発行されました。菱形と正方形の2つのタイプがあります。チェーンリンクはロールで販売されています。基本的に、それは標準的なパラメータを持っています-長さ10 mと幅1.5 m。お客様のご指定のパラメータで製作いたします。.

メッシュチェーンリンクの作り方↑

グリッドは特別な機械を使用して製造されています。鋼線の製造に使用される場合は、亜鉛メッキまたはポリマーでコーティングすることができます。機械では、ワイヤーは平らな回転で互いにねじ込まれています。製造工程は簡単です.

使用分野:

  • 内野、コテージ、庭園の周りにフェンスを取り付けるために使用されます。
  • Rabitsaグリッドは、動物用のケージや鳥小屋を製造するための材料として機能します。
  • それを使えば、材料をふるいにかけることができます.

プロパティ:

  1. 製品により、ワイヤーの直径が異なる場合があります。ワイヤーが太いほど、メッシュの耐久性が向上します。高品質のインジケーターは、パラメーター35x35x2.5 mmおよび50x50x3 mmのメッシュ用ワイヤーで区別されます。そのような材料で作られたフェンシングは長持ちします;それはあらゆる条件で使用できます.
  2. セルのサイズと形状も特徴です。注目に値するのはセルサイズです。これはグリッド密度のレベルに影響します。密度が高く、モノリシックの方が高価で、通過する光が少なくなります。セルのサイズは、次の目的で使用されます。
    • 25〜40 mm-かなり小さいセル。このようなグリッドは、フェンスや鳥小屋の建設に適しています。
    • 40-50 mm-フェンスの建設に最適なオプションです。これは平均セルサイズです。
    • 最大60 mm-大きなセル.

    コーティング:

    1. 亜鉛メッキ. 非常に重要なのは、表面に適用される亜鉛の量です-グラム/平方メートルで測定されます。より多くの亜鉛が適用されるほど、フェンスはより長く続きます。最適な量は80-90 g /平方メートルです。彼らはより小さな亜鉛コーティングでチェーンリンクメッシュを生成します。亜鉛欠乏症の危険性は何ですか?製品は金属製であるため、腐食しやすい-フェンスが亜鉛コーティングで適切に保護されていない場合、数か月で錆びる可能性がある.
      自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法
    2. 亜鉛メッキされていない. このようなグリッドは湿気の影響ですぐに錆び始めるので、フェンスの設置に使用することは推奨されません.
    3. PVCコーティングまたは可塑化メッシュ. ポリ塩化ビニルまたはPVCは、腐食から保護し、魅力的な外観を提供する優れたメッシュコーティングです。ポリマーコーティングは、激しい霜でも熱安定性を発揮します。ポリ塩化ビニールでコーティングされたメッシュは太陽の下で色あせしません.
      自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    グリッドの利点は何ですか↑

    1. フェンスで囲まれた領域がはっきりと見えます。.
    2. 金網フェンスは領土の換気を提供します.
    3. グリッドラビッサ-内野の周りにフェンスを建てることができる最も経済的な材料.
    4. 一般の人でもフェンスを取り付ける.
    5. このフェンスは信頼性と耐久性があります。.
    6. チェーンリンクメッシュ、特にPVCコーティング、フェンシング用の審美的な素材.
    7. それから、フェンスだけでなくゲートも作ることができます.

    ラビッツネット製フェンスの設置に必要なもの↑

    1. 金属製のポールとキャップ。 60×40のセクションで角度を選択することをお勧めします。中間カラムはそれほど重くない-40×40.
    2. フィッティング.
    3. ナバルカ.
    4. メッシュの網:亜鉛メッキまたはPVCコーティング.
    5. 門と門.
    6. ネジまたはボルト.
    7. ねじ式リベット.

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    Rabitzグリッドの価格を決定するもの↑

    1. それが作られている材料.
    2. セルオプション.
    3. ワイヤー太さ.
    4. ワイヤー固定方法.

    Rabitsグリッドからのフェンスの変更が写真に示されています。

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    Rabitsaからフェンスを取り付ける方法は2つあります。

    1. グリッドの断片はコーナーからセクションに固定されています。この方法は美的で実用的ですが、より複雑で高価です。コストは金属コーナーが必要です。その結果、頑丈で美しい断面のフェンスになります.
    2. グリッドは、2つの隣接する支柱の間で伸びるだけです。この方法を使用して、このマテリアルからほとんどのフェンスが作成されます。この方法はシンプルで経済的です。その結果、信頼性の高いフェンスになりますが、十分に強く美的ではありません.

    Rabitsaが接続される極の存在によって、2つの方法が組み合わされます。

    1. 金属-Rabitzネットで作られたフェンスを取り付けるときに最も一般的に使用されます。利点:強度、信頼性、耐久性。中間ポストとして、金属プロファイルが使用されます。許容断面直径は6〜12 cm、最小-2 cmです。建築資材市場には、Rabitzメッシュで作られたフェンスを取り付けるための特別な支柱があります。固定用のフックがあります。.
    2. 木でできています。素材は入手可能ですが、信頼性が低く、短命です。一時的なフェンスに推奨されます。時々、それは金属よりもはるかに安い場合、木の選択は停止します.

    すべてが釘またはクランプで木に取り付けられています。.

    注意! 木材が腐らないように、柱の地面に沈める部分をマスチックで処理する必要があります。残りは塗装する必要があります.
    • コンクリートがチェーンリンクからフェンスを取り付けるために使用されることはめったにありません。そのようなフェンスの場合、コンクリートの支持の重さは単に必要ないからです。メッシュをそれらに接続するには、ケーブルタイまたはケーブルを使用する必要があります。.
    あなたは一緒にラビットグリッドからフェンスを設置することができます!
    重要! グリッドやその他の必要な材料を購入する前に、測定を行う必要があります.
    • 作業の最初の段階はマーキングです。マーキングのためにペグを打ち込み、その間でコードを引っ張ります。糸の長さを測定することで、メッシュの長さがわかります.
    注意! あなたはコードの長さより長いラビッツネットを購入する必要があります-1-2メートル.

    ポール設置のポイントを概説。標準のステップは2.5メートル以下です。ピッチが2.5メートル以上の場合、メッシュがたるむ可能性があります.

    重要! 投稿数を数えるには?プロットの片側の長さを測定し、2.5で割ります。例:長さ-49メートル、数値は正確に2または2.5で割り切れません。 2.5で割ると、19.6になります。.

    何をすべきか?

    • 20列を再度取り付けます-最後の列を除いてすべて等距離にあります-それらの間の距離は短くなります.
    • 2.5メートルを超えてはならない等距離に20個を設置できます。この場合、49を20で割ると2.4m.

    したがって、いずれの場合でも、49メートルの距離で、20本のプロファイルパイプが必要です。!

    ポストを一直線に掘るように糸を引っ張って掘る印をつけます.

    注意! 断面が傾いている場合は、フェンスを斜めに取り付けないでください。サイトのレベルの高さを変更するサイトでサポートを掘り、グリッドを両側から異なるレベルで固定できます。時々、断面フェンスがこの問題を解決します。.

    自分の手でメッシュの網からフェンスを設置する方法

    • 取り付け支柱。それらの穴はシャベルで手動で掘ることができます。土壌が固い場合は、ドリルを使用してください。最も重要な柱は角張っており、そもそも掘り出されています。ピットの深さは80〜120 cmで、砂利や瓦礫、砂の層で覆われた柱がこのピットに配置されています。砂は圧縮する必要があります。セメントモルタルで穴をあけてください.

    セメントが完全に硬化した後-1週間後にのみ、さらなるアクションが可能です。.

    注意! 支柱は地面に対して直角でなければなりません(サイトが傾いていない場合)。垂直線に焦点を当て、垂直位置を達成できます.
    • 次に、特別なフックホルダーを溶接します-Rabitsaグリッドがそれらに取り付けられます。最初の角柱から始めます。構造を固定するために、外側のセルにロッドが通されます。さらに、メッシュをほどいて、徐々に各コラムのフックに掛けて鉄筋で固定します。ロッドにより、グリッドを均等に伸ばすことができます.
    • 今必要 フェンスをさらにサポートする. これを行うには、上端から15〜20 cmの距離で、ロッドをグリッドに水平に通して溶接する必要があります。信頼性のために、これらのロッドのうち4〜5本を溶接することをお勧めします。これにより、フェンスに剛性が追加されます。.
    注意!多くは不快な状況に直面しています-ロールは間違った時間に終了しました。たとえば、残り1メートル、次のメートルまで-2メートル。この場合、ラビットグリッドの端からワイヤーを引き出し、次のロールの先頭を置き換えて、2つのロールを1つに織ります。フェンスのデザインはしっかりしていて、しっかりしている必要があります.
    • 必要 曲げフック必要に応じて、フェンスを塗装します.
    logo

    Leave a Comment