財団

お風呂のストーブの基礎

家や風呂のストーブのしっかりした土台には、通常、土台が必要です。それはサポートとして機能し、重量負荷を均等に分散し、炉の寿命を大幅に延ばします。さらに、浴場のストーブの基礎は、湿気の影響から構造の下部を保護し、暖かいストーブと冷たい土壌の間の断熱材として機能します.

どのタイプの炉の下では基礎を装備できない↑

お風呂のストーブの基礎基礎がなくても、通常の床に最大700〜800 kgのストーブを設置できると考えられています。場合によっては、ベースを強化する必要があります。木製のシールドを倒し、床の梁を強化します.

基本的にこのカテゴリには、金属製のバスストーブが含まれます。彼らは2つのタイプがあります:木材とストーブヒーター.

お風呂のストーブの基礎それにもかかわらず、一部の専門家は、重量や製造材料に関係なく、すべての炉を土台に設置することを推奨しています。これは、炉の操作の安全性を高め、その耐用年数を延ばします。.

小さなレンガ窯も軽量化できます。それらの質量を決定するには、簡単な計算を使用できます。しかし、通常、ヒーターの重量は1.2〜1.5トンに達します.

標準的な炉の平均重量は6〜10トンです。したがって、ロシアのストーブの下に、古典的なストリートストーブの下に基礎を設置することが絶対に必要です.

ブリックオーブンの重量を決定する方法↑

重量は、レンガの数と1つのレンガの質量によって決まります。計算を簡略化するために、炉の重量はいくつかの方法のいずれかで決定できます。.

  • 標準の窯煉瓦の重量は4 kgです。窯を造るのに使われたレンガの数を数えることで、最終的な重さを計算できます.
  • 赤レンガの重量は3.5 kg.
  • レンガ積みの重量は、石積みの合計体積(メートル単位)に1350を掛けて計算できます。.

お風呂のストーブのデバイス基礎の基本原則↑

原則として、家の炉の基礎は、メインの基礎と同時に同じ深さで注がれます.

警告! 以前に配置された基礎の上に基礎をその後補充することはできません。この場合、収縮が不均一になり、炉が損傷します.

炉の基礎は、壁の基部とは別に配置する必要があります。これにより、フリードラフトが提供されます。壁からの最小距離は50 cmです。この場合、浴槽の炉の土台と壁の底の間に3〜5 cmの空きスペースを残し、砂で満たし、両側に防水材を敷きます.

サイズは、長さと幅に基づいて決定されます(炉の寸法を両側から6〜10 cm超える必要があります)。炉の基礎の深さは、サイトの探査データに依存します.

煙突はベースに主荷重を作成します。それは基礎のできるだけ近くに配置する必要があります。また、炉を配置する際には、重ならないようにパイプの軸と家の支持構造(梁、垂木)の位置を計算する必要があります。強力な煙突の下で、時には独立した基盤を構築します。基礎のタイプ-プレートまたはパイルに関係なく、ベース上の炉の重量の分布は均一に発生する必要があり、そうでない場合、設計は使用できなくなります.

重要! 基礎と炉の間には、防水処理が必須です。これらの目的のために、屋根ふき材料または屋根ふきを使用します。そうしないと、下部のレンガが湿って崩壊し、オーブン自体が湿気を吸い込み、小さな部屋(バス内)で湿度が高くなります。ルベロイドは二層に入れられ、その間にビチューメンが広がります.

間違った基礎の兆候↑

浴場への加熱炉の基礎の設置中にミスがあった場合、または強度が十分でない場合、加熱炉は次の変形を受けます。

  • 石積みが部分的に破壊されている,
  • 体のひび «使って»,
  • 煙突破壊.

最も不愉快なことは、これらすべての欠陥が部分的な修復の対象ではないということです。理由は基礎にあるため、復元された炉の要素は二次破壊を受けます。そのような兆候が発生した場合は、構造を完全に分解し、炉を再インストールする必要があります.

財団の種類↑

基本的に、基礎はモノリシックと柱状に分かれています。前者は、さまざまな材料で作られた固いスラブです。瓦礫の石、コンクリート、鉄筋コンクリートスラブ、焼けたレンガなどです。このようなさまざまなベースがストリップファンデーションです。 2番目のタイプは、柱または杭に基づいています。杭はネジで固定できます.

モノリシック↑

お風呂のストーブの基礎それはしばしば補強された単一のコンクリートベースです。このタイプの基礎は重いストーブの下に装備されています:ロシアのブラウニー、屋外。モルタルが固まるには時間がかかり、土壌と一緒に移動するため、炉の破壊につながる可能性があります.

高床式の一体型プレート↑

同じモノリシックファンデーションで、柱状またはスクリューパイルで下からのみ補強されています。十分に安定していない土壌に適用されます.

ブロッキー↑

このような土台は、ワ​​イヤーで縛られたコンクリートまたは鉄のブロックから取り付けられ、セメントモルタルで満たされています。ブロックが正しく置かれている限り、構造は非常に信頼性が高く、それほど時間を必要としません。.

コンクリート↑

それは砂の枕の上に大きな石でできており、セメントモルタルが注がれています。軽いストーブの建設に適しています.

テープ↑

お風呂のストーブの基礎このタイプは、低層ビルの土台に使用するのに最も人気があります。それらは砂のクッションの上のセメントモルタルの浮遊ストリップです。十分な深さまで注ぐと、このような基礎はどのような炉にも耐えることができ、材料を大量に消費する必要はありません(モノリスとは異なります)。.

コラム↑

お風呂のストーブの基礎土壌が盛り上がっている場所に適用されます。ピットは地面に掘削され、コンクリートが注がれ、ベースプレートがこれらの支柱に装備されています。.

ねじ山の基礎↑

お風呂のストーブの基礎このようなベースは、圧縮荷重に完全に抵抗します。金属パイルはねじ山のおかげで地面に簡単にねじ込まれます。ねじ込み、土壌を圧縮し、収縮を最小限に抑えます。プロセス自体はそれほど時間はかかりません。具体的な作業のように、待ち時間を設ける必要はありません。耐用年数は40年以上で、再利用や部分的な修理も可能.

注意! ねじ山の設置には、技術への注意深い遵守が必要です。 «転げ落ちる» 構造全体を破壊します.

土の性質に応じたファンデーションの選び方↑

基礎の深さと種類は、次の3つの要素によって直接決定されます。

  • 土壌凍結深さ,
  • 土壌の種類,
  • 帯水層高さ.

これらのデータは地質調査によって得られます。専門家が井戸を掘削し、土壌を採取して、建設に必要なパラメータを決定します。このような手続きには、約250万ルーブルの費用がかかります。もちろん、あなたは決めることができます «目で», しかし、この場合、推測しないでください。そして、基礎の建設中に行われた間違いは高価です.

帯水層の出現頻度の高い重い粘土やローム質の土壌では、杭基礎が使用されます。杭は土の凍結の深さに設定されます。このような場合の中間オプションとして、杭に細かく埋め込まれた基礎プレートが使用されることがあります。.

地下水が地表に近づき、土壌が強いヒービングの影響を受けないが、支持力が弱い場合、鉄筋コンクリートスラブまたはコンクリート基礎の形で敷設することは理にかなっています.

砂質で乾燥した土壌では、ファンディングは凍結の深さまで行われます(60〜80 cm以下)。しかし、主に隆起する土壌に支配されているロシアの中央地帯では、 «株式» 信頼性のための深さ。そのような土壌の基礎の深さは平均して150 cmです。.

基礎工事↑

お風呂のストーブの基礎

柱基礎の建設における作業の順序↑

  1. 幅20 cm、深さ100 cmの円柱状の穴は、地面にハンドドリルで作られています。.
  2. 底に10〜15cmの砕石を注ぎます.
  3. シリンダー内の屋根材の層を巻き上げたら、それを穴の中に下げます-これは防水と型枠です.
  4. コンクリートを流し込み、10日間放置する.
  5. 溶液が固まった後、鉄筋コンクリートまたは金属の基礎プレートを柱の上に取り付けます.

パイルスクリューファンデーション↑

お風呂のストーブの基礎

杭は特別な装置を使用して地面にねじ込まれ、レベルごとに杭の進行を制御します。杭の上に金属または鉄筋コンクリートスラブを装備する.

ストリップ基礎の建設↑

  1. 型枠の幅を考慮して、将来の基礎の周囲に溝が掘られています.
  2. 型枠を取り付ける.
  3. 砂砂利の枕を10 cm流し込み、補強材を取り付けてコンクリートを流し込みます.
  4. 型枠が取り除かれ、ボイドが土で埋められ、突き固められる.

モノリシックな基盤の構築↑

補強メッシュで補強された炉のモノリシック基盤を構築する技術を検討してください.

  1. 氷点下の深さまで穴を掘ります。ピットの幅は、基礎の計画された幅よりも10〜20 cm広く、これは型枠に必要です。.
  2. 砂の15 cm層が底に注がれています。砂は、沈殿が止まるまで水で流され、常に必要な厚さまで層を注ぎます。次に、壊れたレンガ(20 cm)の層を敷き、砂を注ぎ、水をこぼします。上部に10 cmの砕石を追加し、よく圧縮します.
  3. 準備しました «枕» 2層の屋根材で覆う.
  4. ピット内で、型枠はその上端が床から10〜15 cm下になるように取り付けられます。ピットの壁と型枠の間に10 cmのクリアランスを残してください。型枠は完全に湿っています.
  5. 底部に厚さ4〜5cmのコンクリートの始層を流し込み、固まったら補強メッシュを敷きます。自分で準備するか、既成バージョンを購入できます。.
  6. コンクリートは20 cmの厚さで段階的に注入されます。各層 «踏みにじる» 空気を抜く。最後のレイヤーはセットマークに注がれ、レベルに応じて調整されます.
  7. モルタルを固めた後、準備した土台をフィルムで覆い、定期的に湿らせます固化期間は3週間ですが、コンクリートに特殊添加剤を加えると1週間に短縮できます.
  8. 型枠が解体され、空きスペースは砂利で覆われている.
注意! コンクリートは次のように準備されます:セメントグレード300-400 1部、砂3部、砕石5部、および水.

お風呂のストーブの基礎スラブ基礎は、700 kg未満の窯の下に設置できます。砂と砂利は、深さ40 cmのピットに層厚10 cmで敷かれ、次に3〜4 cmのコンクリートが注がれます。硬化後、ビチューメンの層が塗られ、屋根材が敷かれます。既製のコンクリートスラブが上に取り付けられます。または型枠を取り付けて、20 cmのコンクリートモルタルを注ぐ.

コンクリート基礎の工夫↑

  1. お風呂のストーブの基礎モノリシックファンデーションを設置するときと同じサイズのピットを掘る.
  2. 底部に、10〜15 cmの砕石が注がれ、突っ込みます。チェックレベル.
  3. 型枠を取り付ける.
  4. 内側から、型枠はビチューメンでコーティングされているか、屋根材で裏打ちされています。次に、直径15 cmまでの石の層を置き、それらの間の空間を砕いた石で満たします.
  5. 層はセメントモルタル(1部のセメント、3部の砂)で注がれます。土台の深さが浅い場合は、一度に層を注ぎます。 0.5メートルを超える場合は、数メートル、24時間のギャップがあります。.
  6. トップは、仕上げの床のレベルより6〜7 cm低い位置に引き出され、滑らかになります。フィルムで覆い、1週間インキュベートします.

家やお風呂の炉のベースにどのファンデーションを選択するかに関係なく、作業はすべての期限に耐え、急いで行われます。結局のところ、高品質の基盤は、炉を長くトラブルなく操作するための鍵です。.

logo

Leave a Comment