ルーフ

屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置

居住空間を拡張することを決定したが、家に部屋を取り付ける機会がなく、2階の基礎が十分に強くない場合は、屋根裏部屋の建設が理想的なソリューションです。.

屋根裏部屋は屋根裏部屋で、十分なスペースがあれば住宅として設計できます。スペースを増やすために、特別な屋根裏部屋の屋根システムが使用されています.

垂木システムの計算↑

必要な材料の設計と量を正しく決定するために、特別なプログラムが使用されます。屋根裏屋根の垂木システムの計算は、材料を正しく明確に選択し、屋根のサイズを決定するための鍵です.

屋根裏部屋の床のタイプ:

  • 三角形またはプレーン。私たちにとって最も身近なのは、民家のてっぺんです。切妻屋根の垂木システムは、施工が最も簡単で、必要な資材も最小限ですみます。ただし、このオプションではスペースが最小になります。
    屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置
  • 角度。壊れたマンサード屋根の垂木システムは、屋根の上部に角があることを意味します。種はたくさんありますので、好みに合わせてお選びいただけます。これらの構造には、施設のヒップおよびセミヒップモデルが含まれます。腰部屋根裏は、長さが2つの台形と幅が2つの三角形で構成されます。マンサードセミヒップ屋根の垂木システムには、端壁の上部にさらに2つの骨折があります。そのようなオプションの利点は、部屋の広い面積ですが、それらは最も費用がかかり、実行するのが困難です。
    屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置
  • ドーム型。屋根裏部屋の垂木システムの非常にまれなスキームです。円形の部屋を覆うために使用されます。.

計算の次のステップは、屋根の面積、対象となる建物の寸法、および材料の層の重なりの幅を決定することです。屋根裏部屋の寸法を決定するには、次のデータを知る必要があります。

  • ベースの幅と長さ-あなたの家の寸法;
  • 降雨(雪と雨)。ランプの傾斜角度を明確に決定するには、それを知る必要があります。
  • オーバーラップパーツのジョイント幅.
重要! オーバーラップするコーティングレイヤーのパラメーターを指定するときは、保存しないでください。これにより、雨から内部を保護できるようになります。.

切妻屋根の高さを計算する例。条件によると、家の長さは12メートル、幅は3です。雨量レベルにより、40度の角度を選択できます。計算は式-Hk = L * tgAに従って実行されます

屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置

図からわかるように、Hkは必要な高さ、Lは家の幅の半分です。 tgA-選択した角度の接線.

したがって、以下を取得します。

Hk = 3/2 * 0.84 = 1.26

提案された屋根の高さは1.26メートルになります。すべての測定を実行するときは注意してください。これは計算の開始点として機能します。.

屋根裏屋根の垂木システムの計算が完了し、すべての材料が購入された後、次の段階が始まります-準備.

古い構造を解体し、屋根を準備する↑

作業のこの段階を自分で実行することを決定した場合、正しい開始が将来の設計の品質への鍵であることを覚えておく価値があります。解体するときは、いくつかの要因を検討する価値があります。

  1. タイミングが最も重要な要素です。家は雨や他の降水から保護されないため、すべての準備作業には2〜3日しかかかりません。.
  2. 天気予報。修理は乾燥した夏の月に行うのが最善です。その後、降水量はそれほど怖くなく、含浸した材料はより速く乾燥します。.
とても重要! 降水の可能性を排除するために、いくつかのサイトの天気予報を知っておくのが最善です。.
  1. 床の準備。支柱を配置する前に、屋根裏屋根の垂木システムの留め具のタイプを考慮する必要があります。どのタイプでも垂木のための特別な場所が必要です.
  2. 屋根裏部屋の床を交換する。必須の手順ではありませんが、屋根裏の床は部屋の天井なので、望ましい手順です。断熱材の追加の層はどの部屋でも干渉しません。.
注意! 垂木が設置されるまで床を仕上げないでください。設置中は、垂木が損傷する可能性があります。.

屋根裏屋根の垂木システムの設置↑

すべての準備作業が完了すると、最も重要かつ重要な段階が始まります。屋根裏屋根の屋根システムの構築は、すべての技術段階を厳守して実施する必要があります。雪や強風の後で表面に深刻な負荷がかかるため、構造に少なくともわずかなずれを許容しないでください.

屋根裏の屋根と垂木システムのさまざまなデザインは、さまざまな素材の使用を意味します。使用前にメーカーの推奨事項をよくお読みください。.

重要! すべての屋根サポートは木製の梁で作られているので、購入するときにすべてのドキュメントと外観を確認してください.

屋根裏屋根の垂木システムの設置は、支柱の設置から始まり、その後、全体の負荷を支えます。あなたの家が重い構造物の設置を許可していない場合は、レンガの屋根裏部屋の壁を作ろうとしないでください、それは適用することをお勧めします «サンドイッチ» システム。軽い素材を使用すると、より軽いサポートを使用できるようになり、お部屋の収益性の高いデザインを選択する機会が得られます.

屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置

屋根裏部屋の壁のオプション↑

屋根裏屋根の屋根システムのすべてのノードは木製でできており、壁のオプションが大幅に多様化しています。

  • レンガ。信頼できる人気の素材、唯一の欠点は太りすぎのデザインです。
  • 発泡コンクリートブロック。多くのタイプで、クライアントに最適なオプションを選択できます。欠点は外観です。壁は内側と外側の両方で仕上げる必要があります。加えて、素材自体は十分に広く、多くのスペースを取ります.
  • OSBプレート。最も最適なオプション。プレートはとても強くて軽いです。問題なく処理でき、2つのプレート間の壁をさらに断熱できます。屋根裏屋根の垂木システムのデバイスは、2層のプレートの使用を可能にし、壁のすべてのコミュニケーションを隠します。不利な点は、かなり高いコストと、追加の装飾と含浸の必要性です。素材は軽量で木材チップを使用しているので、ご安心ください。強度、機械的強度の面で他に劣らない.

壁の材料の選択は、プロジェクトの技術的条件と財務能力に依存します.

ルーフルーフシステム日曜大工↑

あなたが自分で仕事をすることに決めたなら、あなたはあなたの強さを冷静に評価すべきです。自分の手で屋根裏屋根の垂木システムを専門家レベルで実行する必要があります。そうしないと、操作中に問題が発生する可能性があります。そのような作業を完全に実行することはできません。数人のアシスタント、できれば少なくともそのような問題の経験がある人に電話してください.

屋根裏屋根の垂木システムの装置と設置

DIY建設のメリット:

  • 費用。プロのビルダーのサービスは高額なので、自分で作業を行うと価格が大幅に下がります。
  • 高品質の材料の購入。自分で材料を購入することで、品質を管理し、見積もりを遵守できるようになります.

自己組織化の欠点:

  • プロセスを遅らせます。そのような計画の作業における経験の欠如は、長期間の修理の遅れにつながり、家での滞在を著しく複雑にする可能性があります。
  • 材料の選択が間違っています。材料の選択が不適切な場合、結果を排除するために追加料金を支払う必要があるかもしれません。
  • 専門的なツールの欠如。高価な工具を一度に購入することは意味がありません。それらの不在は、建設を著しく複雑にする可能性があります。
  • 複雑なデザインの拒否。自分の手で部屋を作る場合、ほとんどの場合、選択は飾り気のない従来のオプションになります。自分の手でマンサード切妻屋根の垂木システムは、ほとんど唯一のオプションです.

DIYの修理手順:

  • 設計に慣れる。屋根裏屋根の垂木システムは、インターネットで簡単に見つけることができる図面であり、作業を開始する前に慎重に検討する必要があります。
  • シンプルなオプションの選択。切妻屋根の屋根裏部屋の垂木システムのスキームは、それを自分で行うのに理想的です。
logo

Leave a Comment