ルーフ

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

ほとんどの人は、個人の家では屋根から熱損失の大部分が発生することに同意します。多くの場合、十分に伝導された断熱材が不十分であるために暖かい空気が屋根を通って上昇します。しかし持っている 屋根裏部屋のタイムリーな断熱 そんな悩みを解消し、冬場の天井からの冷気の流入から身を守ります.

以前は、自宅の屋根裏部屋の温暖化は、概して、それほど心配されていませんでした。そして、それは昔の建設がうまくいかなかったことでもありません、逆に、そのような家は何十年もの間立っていました。さらに、以前は主に自然の断熱材、つまり屋根裏の床と屋根の斜面の間に蓄積されていた空気に主に依存していたため、常に暖かかった.

傾斜屋根のデザインは、冬に雪の層を保持し、冷たい空気が部屋にアクセスするための亀裂を自然に閉じます。屋根の斜面は内側から断熱されていないため、雪層が溶けることはなく、室内の温度管理は屋根裏の窓を通して行われました。この方法は、現代の建設においても適切です。.

冷たい屋根裏部屋の屋根裏床の工夫↑

冷たい屋根裏部屋の湿度と温度条件は、平均的な屋外の温度より4℃高い指標を持つ必要があります。つまり、実際には、冷たい屋根裏部屋は暖房されていません.

冷たい屋根裏部屋の設計は、換気ダクトから直接大気中に空気を排出することを可能にします。屋根セクションとロール断熱材との交差の数を減らすために、換気ダクトによるチャネルセクションの組み合わせが行われます。そのような自然換気装置は、屋根裏部屋内の最適な湿度と温度を維持する優れた機会を提供します。そのような条件では、屋根の内面での結露と霜の形成は除外されます.

湿度と温度の条件に違反すると、構造物と断熱材が大幅に濡れ、その結果、断熱材と強度の特性が失われ、屋根の支持構造が崩壊して、崩壊する.

断熱オプション↑

暖かい屋根裏部屋とは対照的に、冷たい屋根裏部屋のある建物の屋根は、いくつもの階数の住宅用建物に配置することができます。この場合、断熱は屋根裏床で行われ、その厚さは建物が建てられた気候条件に応じて決定されます.

屋根裏の床の断熱材は、原則に従って2つの方法で実行されます:

  • 材料が上に置かれる回転天井;

  • 偽の天井-断熱材が内面に配置されている場合;

第1の実施形態では、断熱材は、原則として、2列に配置され、セメント結合パーティクルボードの特別な保護層で覆われたミネラルウールプレートでできている。屋根裏床の断熱装置を備えたこのオプションには、特定の利点があります。

  • 断熱材は水分を吸収しません。

  • 断熱材の表面での動きの自由;

  • 上層には防腐剤を含浸させることができます。

さまざまな断熱材↑

住宅の屋根裏スペースを再配置する場合は、まず暖かくする必要があります。以前は、わら、干し草、おがくずが断熱材として天井に置かれ、後にルベロイド、スラグ、発泡粘土、グラスウールが使用されていました.

現在、民家の断熱には、いくつかの特徴を備えたより近代的な材料が使用されており、その中には非常に評価されています。

  • 軽量化により 木の屋根裏部屋の床 追加の負荷は発生しません。

  • 火災安全;

  • シンプルさとインストールの容易さ。

  • 環境への配慮;

  • 高度の熱節約および湿気保護.

屋根裏床の断熱材として最も人気のある材料は次のとおりです。

  • ミネラルウール;

  • ポリウレタンフォーム(PUF);

  • 発泡スチロール.

ただし、これらの材料には他のすべての材料と同様、長所と短所の両方があることに注意してください.

屋根裏床のミネラルウールによる断熱↑

ミネラルウールなどのこのタイプの断熱材により、民家の所有者は屋根裏部屋のスペースをリビングルームに変えることができます。ミネラルウールは、スラグ、ガラス、石にすることができます-原料に依存します.

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

ミネラルウールは、ロール、スラブ、または緩い混合物の形で製造されます。これにより、壁の熱保護にこの材料を使用して、屋根裏の床、斜面、屋根を暖めることができます。 1000℃以上の温度に耐えることができるので、炉、パイプラインなどの断熱に使用できます。ミネラルウールは優れた遮音性を提供し、化学物質に対しても耐性があります。この断熱材の寿命は約50年です。長い耐用年数の主な条件は、結果として断熱特性が大幅に低下するため、シールを回避することです.

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

木造住宅では、ミネラルウールによる屋根裏断熱は蒸気バリアから始まります。いくつかのタイプのミネラルウールは、結露が断熱材に蓄積しないため、撥水性の特性を特徴とするため、遮熱特性が低下しません。ミネラルウールに箔コーティングが施されている場合、防湿層は必要ありません.

このような材料の欠点は、ホルムアルデヒドを含んでいるため、手袋やマスクを使用して作業する必要があることです。.

ポリウレタンフォーム(PPU)↑

この断熱材は、ガスが充満したプラスチックで構成されており、スプレーによってほとんどすべての表面に適用されます。ポリウレタンフォームは屋根の断熱材、地下室、壁の断熱材の設置に広く使用されており、屋根裏床の断熱材としても使用されています。.

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

PPUシームレススプレー方式により、ドラフトや寒さを少しでも発生させることなく、ほとんどすべてのボイドと隙間を埋めることができます。この最新の断熱技術により、住宅の暖房費を削減しながら、約3倍の熱節約を実現できます。 PUFは、腐敗に対する強い抵抗と攻撃的な環境の影響を示します。ポリウレタンフォームは構造を与えますが、それは特別な剛性でスプレーされます。ただし、PPUを支持する最も強力な議論は、50年の寿命です。.

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

材料の欠点の中で、その高いコストは注目に値しますが、熱と断熱のケーキを作る必要がないので、スプレー作業に費やされたお金の節約のために報われます。ポリウレタンフォームは、冷たい、大きな音、湿気、結露から完全に保護します.

発泡スチロール↑

多くの場合、この材料は断熱に使用されます 民家の屋根裏部屋の床, それらはポリスチレンとも呼ばれますが、技術と品質の点でそれらは完全に異なる材料ですが、それらは共通のコンポーネント、つまりポリスチレンを持っています。ポリフォームはかなりもろい材料ですが、ポリスチレンははるかに圧縮性と耐引裂性があります。発泡ポリスチレンは押出によって製造されます。つまり、ポリマーはさまざまな段階で変化します-顆粒が溶けて発泡し、その後、断熱特性が大幅に向上します.

屋根裏の床を自分の手で適切に断熱する方法

屋根裏部屋に備え付けられた住居を十分に暖かくするために、彼らは優れた断熱材のようなポリスチレンボードの品質を使用しようとします。さらに、この材料は、低価格、軽量、環境への配慮、および設置の容易さで有名です。発泡ポリスチレンは吸湿性ではないため、発泡ポリスチレンの断熱品質は湿気の影響下でも維持されます.

発泡プラスチックによる屋根裏部屋の床の断熱材の欠点は、遮音性が不十分であることと、耐溶剤性が低いことです。この材料は火にさらされているという事実にもかかわらず、新しいタイプの発泡スチロールは不燃性であり、かなり高い防火クラスを持っています。現在、ポリスチレン断熱材を使った段ボールから作られた材料があり、木製の梁の屋根裏部屋の床を断熱して屋根裏部屋をリビングルームにする絶好の機会があります.

バルク材の使用↑

屋根裏の床を断熱する最も単純で最も古い方法は、裏込め材の使用です。この方法は、屋根裏に木製の床があり、すべての丸太の間のスペースをヒーターで満たすのに十分な場合に適しています。この場合、屋根裏部屋の床の構造を温めるプロセス全体は特に難しくありません.

まず、床の全面にクラフト紙を敷きます。ただし、グラシンまたはルーズボール紙を使用できます。また、処理済みの表面に粘土でグリースを塗ることもできます。すでに配置された層の上に、断熱材が上に散らばっており、床の上を自由に歩くことができるように、ボードで覆う価値があります。屋根裏部屋への入り口のハッチも十分に断熱されている必要があります.

屋根裏部屋のフローリング手順を見ることができます;ビデオを見ることができます:

logo

Leave a Comment