ルーフ

民家の屋根の種類

屋根のないこの家は何ですか?信頼性、耐久性、断熱性、シンプルでスタイリッシュな魅力的な外観の最も基本的な要素.

現代の建築家や建設業者は、住居の位置、建設の量、建物の全体的なデザインなどに応じて、民家のさまざまな屋根を発明しました.

各戸共通屋根モデルの主な種類↑

民家の屋根の種類

今日では、最も人気のある2種類の屋根は安全だと言えます。

  • 平らな;
  • ピッチド.

それらの違いは、表面の傾斜角度に応じて初歩的です。傾斜が10度を超える場合は、傾斜面について話します。傾斜面には、傾斜の数と目的に亜種もあります。.

傾斜屋根の主なタイプ↑

傾斜した屋根の表面 非住宅地、農場の建物、倉庫、店舗、ガレージなどの配置でより多く使用されています。そのような建物を建設するときは、そのような屋根の構造を考慮に入れる必要があります。これは、建物のメインビームでの屋根材の支持を意味し、壁はガイドですらあります。ここにそのような構造の例があります.

民家の屋根の種類

切妻屋根 民間建設で最も需要があります。モデルは、同じ高さの耐力壁に基づく2つの等しい勾配で構成されます。ほとんどの場合、そのような屋根は三角形の形に似ており、建設で長年使用されており、注意と尊敬に値します。.

民家の屋根の種類

屋根の表面にいくつかの三角形の傾斜がある場合、 ヒップ構造. 複雑な垂木システムがあり、その設計はほとんどの場合、専門家から信頼されています。このような屋根は、強風や大雨時の漏れに対してより耐性があります。.

デザインには4つの勾配があり、外観は台形に似ており、角のある形状は小さな三角形であり、ヒップと呼ばれます.

自然災害時には、そのような表面はしばしば清潔で無害なままであり、破片やほこりはすぐに斜面を吹き飛ばします.

民家の屋根の種類

民家の屋根のタイプの一つは テント, 正方形および多角形の建物用に設計されています。すべての勾配は、1点に収束する三角形です.

テントの屋根には尾根がなく、完全に対称です.

このような飛行機は風の抵抗があり、興味深い設計ソリューションです。.

民家の屋根の種類

寄棟屋根と切妻屋根の間の中間オプションとして、半寄棟屋根もあります。このような屋根により、建築家は後部の壁に本格的な窓を設置できます。このような建物は非常に興味深く、素人が作業するのに十分複雑です.

民家の屋根の種類

別の興味深い建物に移動します- 切妻屋根. このタイプは複雑な垂木システムを持っているので、高度な資格を持つ専門家がその構造に対処する必要があります.

民家の屋根の種類

傾斜屋根 屋根裏タイプの家をカバーするために使用されます。傾斜角の特別な分割により、屋根裏部屋の内部の有効な領域を使用できます.

そのような屋根は通常の切妻屋根とそれほど変わらないので、その構造には特に困難はありません.

屋根裏部屋に別の部屋を作りたい人のために、家のこのタイプの屋根は世話をする必要があります.

民家の屋根の種類

ドームと円錐屋根 それらは建設で非常にまれに使用されます、そのような構造は古代の何世紀も昔の建物に注目することができます.

民家の屋根の種類

現代の建築ではあまり一般的ではありません- 平屋根, 1つの勾配に基づいており、実際には見えない勾配.

このような屋根は、大量の降雨、雪、雨に耐えることが困難です。これは、それらが作られた場合、コンクリートスラブと金属構造で補強されるためです。.

アメリカのテレビ番組ではこのような種類の屋根がよく見られます。家の表面で素晴らしい温室を作ったり、くつろぎのコーナーを作ったりできるとき.

民家の屋根の種類

さらに割り当てる 複合屋根 かなり複雑な形状とデザイン。ランプ、切妻、ヒップ、マンサード、テントなど、さまざまなタイプがあります.

このような建物には、開閉可能なベランダ、屋根付きのバルコニー、興味深い窓のソリューションなど、珍しい独自のデザインで注目を集めることができます.

民家の屋根の種類

注意: 屋根の構造が複雑であるほど、それはより強く、より信頼できます。家の表面を敷設するための材料を節約しないでください、製品が高価になるほど、屋根ふきパッドが長く役立ちます.

さまざまなタイプの屋根の長所と短所↑

傾斜した屋根について話す場合、これは日常の建設では非常に一般的ですが、主な利点は注目に値します。

  • 自然災害の影響から家を守る信頼性の高い頑丈な構造です。
  • 建築材料の選択に応じて、長年にわたって役立ちます。
  • それは、サイトのどのデザインにも適合し、建物自体にも魅力的な外観を持っています。
  • 屋根の下で、追加の部屋、屋根裏部屋または屋根裏部屋を作ることができます.

屋根の欠点:

  • 建設費が高く、材料費が高い。
  • 運転中の修理の複雑さ.

しかし、これらすべてにもかかわらず、そのような屋根は、風の吹雪、大雨、大雪からあなたの家族を守ります。.

そのような屋根は、実際に住宅の民家を建てるプロセスでは使用されません。.

その理由は、降水中、屋根は大雪のドリフトや水の流れに耐えることができないからです。その結果、それはたるみ、ひび割れます.

そのような建物は、家の上にテラス、プール、またはリラクゼーションルームを作ることを計画している人にとってより便利です。.

屋根のデザインの特徴↑

  1. 屋根裏部屋、メインルームで分割:
    • コールド
    • 絶縁.
    • 不運なことに、メインルームと組み合わせて:
      • 大気によって換気される;
      • 無換気.

      今日まで、シングルスロープ設計は、材料費の面から最も人気があり魅力的であると考えられています。そのような屋根は、ほとんどの場合、仮設の建物やカントリーハウスに設置されます。.

      それは現代の消費者を何に惹きつけますか??

      主な利点は、小屋の屋根だけが換気できることです。建設中、屋根下スペースの空気循環を可能にする特別な開口部がクランク壁にあると想定されています.

      換気プロセスは、部屋から湿気や結露を取り除くのに役立ちます。寒い季節には、屋根の表面が内部に熱を保持し、部屋の冷却を防ぎます.

      しかし、切妻構造は、換気機能なしで作成されることが最も多い.

      冬季は傾斜面から雪が急に降らず、-6〜9度の傾斜で雪が遅れます。それは、特に長年の大雨と大雪が安全で快適です。.

      しかし欠点は、垂木システムの支持力を超えないように、雪のカバーを手で取り除かなければならないことです。.

      あなたは自分の手で傾斜した屋根を作ることができ、明確な建設指示と必要な材料を持っています.

      民家の屋根の種類

      伝統的な形の切妻屋根について話すと、垂木システムの設計は次のようになります。

      民家の屋根の種類

      屋根の形状はシンプルで費用対効果が高いため、人気が高く信頼性が高くなっています。建物のファサードは非常に重要であり、マルチカラーの金属またはさまざまな形式の瀝青タイルで装飾されています.

      庇の張り出しを調整できるため、各所有者は、屋根の完全性と強度を気にすることなく、いつでも延長またはベランダを作ることができます。このような場合、別の屋根を作成して建築計画を作成する必要はありません.

      警告:構造の角度が大きいほど、風損が高くなります。したがって、強い突風が観測される領域では、風の負荷の急激なジャンプ中に崩壊しないように、傾斜の度合いを慎重に計算する必要があります。.

      切妻屋根の利点↑

      1. 保護機能、あなたは嵐やあられを恐れていません…
      2. クラシックなシンプルな屋根オプション.
      3. オーナーのリクエストにより、絶妙な建築デザインを作成する機能.
      4. 建物の全高と屋根裏の屋根の下にある窓の建設.
      5. このタイプの屋根では、切妻の形状と軒の張り出しのサイズを自由に操作できます。
      6. すべての金物店での幅広い品揃えとその入手可能性.
      7. その建設のための合理的な価格.
      8. シンプルで経済的なデザイン.
      9. 経験豊かな専門家が関与することなく、自分の手でそれを構築する可能性、これはマルチレベルおよびマルチステージの建物については言えません.

      民家の屋根の種類

      強風が観測される地域では、半切り屋根の家が優先されます。側面に小さなオーバーハングがあり、長期の自然災害時に優れた保護を提供します。カットサイドランプはメインランプよりも短くなっています。そのような建物の屋根裏部屋は非常に広々としており、換気がよく、リビングルームに非常に適しています。.

      家の前線には、降水に対する特別な保護があります。.

      同様の構成のおかげで、そのような家は、建物の場所に関係なく、美しい代表的な外観を持っています.

      民家の屋根の種類

      垂木の建設システムは複雑であり、特別な数学的計算とその作成には専門の屋根職人の関与が必要です.

      この場合、材料を節約することはできませんが、家の壁は長年にわたって確実に保護されます。.

      壊れた切妻屋根は、カントリーコテージや別荘に適しています。横方向のよじれは建物の高い内部天井を保証しますが、必ずしもそのような設計が強力で耐久性があるとは限りません。斜面の割れ目のため、非常に脆弱であり、風荷重に耐えられないことがよくあります。.

      このタイプの屋根を構築するときは、その要素の基本的な比率を正しく観察する必要があります。これは、将来のメンテナンス作業にお金をかけないために役立ちます.

      民家の屋根の種類

      傾斜形状の民家の屋根のタイプに関するより具体的な概念については、屋根の主なタイプだけでなく、それらの長所と短所についてもデータを示すこの情報を検討することが適切です。.

      あなたの家を信頼できる快適な要塞にしましょう。屋根の正しい選択はその存在を継続し、天候やさまざまな機械的損傷から保護します.

      logo

      Leave a Comment