ルーフ

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

民家/コテージに屋根を設置するための多くのオプションの中で、切妻屋根は疑いの余地のないリーダーです。なぜなら、最小限の時間とお金で、印象的なサイズの生活空間を得ることができるからです。そのような屋根は、必要なすべての建築材料がそのアクセシビリティのために注目に値するので、自分の手で作ることができます、そしてそれらの小さな質量は重い建設機器なしで行うことができます。 «ビルダー». その無条件の実用性に加えて、屋根裏部屋の屋根は家の一種のハイライトになることができ、一般的な大衆と区別されます.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

適切なプロジェクト-快適で信頼できる屋根裏部屋↑

うまく設計されたプロジェクトは、たとえば切妻屋根の切妻の面積を計算する方法など、初心者ビルダーのすべての質問に答えるだけでなく、建設が始まる前でも将来の建物の目的を正確に決定することを可能にします。これにより、完成した屋根裏部屋で何かを改造する必要がなくなります。原則として、プロジェクトでは次のような瞬間が考慮されます。

  • 屋根裏の基礎である建物の特性を考慮して選択された構造図と必要な材料のリスト;
  • 屋根裏部屋の天井の高さとその外観(まっすぐ/壊れた);
  • 未来の部屋の形状、屋根の傾斜の最適な程度、屋根裏部屋での追加のコミュニケーションの必要性;
  • アレンジメントのための最も成功したソリューション «死んだ» 屋根裏部屋で必然的に形成される部屋の領域.
重要! 屋根裏部屋に住宅用建物が計画されている場合、窓の位置を事前に検討する必要がありますが、ガラスの面積は部屋の総面積の少なくとも12.5%でなければなりません.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

屋根裏屋根の注意深い設計の重要な特徴は、切妻屋根の設計に影響を与える技術的な問題だけでなく、大騒ぎすることなく考えることが可能になるという事実です。屋根裏部屋のある家の知覚にとって非常に重要なのは、そのデザインです。オリジナルの窓ガラス、バルコニー、煙突を備えた壊れた屋根裏部屋の珍しいデザインは確かにローカルになります «魅力». また、屋根裏部屋の内部空間を広げることができるのは壊れた構造の装置です.

屋根裏部屋の屋根の主な利点↑

自分の手で切妻屋根をかなり短期間で配置できることに加えて、他にも明らかな利点があります。

  • 屋根裏部屋は別館の優れた代替品として建てることができます。
  • 重い建設機械の必要性の欠如;
  • 建設に使用される材料は、軽量であることで区別されます。これは、たとえ軽い土台に基づいていても、家の構造に過度の負荷をかけないためです。
  • 屋根裏の切妻屋根では、余剰の雪は残りません。
  • 新しい部屋への通信の供給に関する複雑な作業の必要性の欠如。
  • マンサード屋根は家の本当の装飾になることができます.

このような屋根の唯一の欠点は、断熱性が低いことですが、優れた熱と防音特性を組み合わせた最新の素材のおかげで、この問題は非常に簡単に解決でき、その結果、新しい部屋は可能な限り快適に住むことができます.

垂木システムの設置↑

切妻屋根の図面が完成したら、自分の手で垂木を取り付けることができます。その製造には、針葉樹に含まれる樹脂物質のために腐朽の影響を最も受けにくい針葉樹を使用することが望ましい。同じ瞬間は、部屋の微気候をより有利にします。それにもかかわらず、すべての木製フレーム要素は、中間の乾燥とともに、ブラシまたはローラーで2〜3層で塗布される特別な難燃性組成物で処理する必要があります。.

重要! 垂木では、相対湿度が22%以下の十分に乾燥した材料のみを選択する必要があります。これにより、設置後に垂木が変形する可能性がなくなります。.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

屋根裏の垂木システムは技術によって作られています «ぶら下げ» 垂木、これは将来の施設の真ん中に必要な空を提供します。全体の構造は、1つの平面に配置され、端で格子状に相互接続された木製の棒で構成されています。このような垂木に対する唯一のサポートは、建物の外壁です。垂木を製造するには、断面が150×50 mmのビームを使用する必要があります。木枠には、断面が50×50 mmで十分です。.

切妻屋根の屋根裏部屋の床の高さは非常に大きくなる可能性があるため、地面に垂木を組み立て、既製の垂木を持ち上げるのが最も便利です。ビデオ:

切妻マンサード屋根の図面は、自分で作成したもので、窓の開口部、バルコニー、階段、暖房用ラジエーターの存在を反映した、十分に詳細なものでなければなりません。.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

屋根裏部屋では、特にそこにリビングルームを設置する場合は、暖炉を設置することもできます。完成した構造に変更を加えることは非常に問題があるので、すべての主要なポイントは、設計段階で切妻屋根の屋根裏部屋の垂木システムのスキームに反映する必要があります.

正しい木枠と最適な屋根材↑

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

切妻屋根の家はすべて、写真が通常建設前に見られるため、非常にスタイリッシュで見栄えがします。多くの点で、それは適切な屋根材に依存します。建築資材の市場では、技術的特性、色、コストが異なる、かなり多くの種類の屋根が提供されています。湿気、風、寒さからの内部の保護の程度は直接それに依存するため、このような素材を節約する価値はありません。最も人気のある屋根のタイプは次のとおりです。

  • 瀝青(柔軟)タイル。
  • スレート;
  • 金属タイル;
  • 段ボール.

それらすべてが十分に軽いので、切妻屋根の屋根裏部屋の垂木システムは、例えば、天然タイルを使用するときのように、追加の電力要素の設置を必要としません。配置される旋盤のタイプは、選択した屋根の覆いによって異なります。エッジボードからの伝統的なスパース。スレートやその他のシート材料に適しています。フレキシブルタイルには、高強度、低重量、耐湿性を特徴とする、OSBなどの材料で作られた連続クレートが必要です。.

屋根裏の屋根の断熱と遮音を忘れないでください↑

基本的に、切妻屋根の垂木システムのスキームは、屋根、防水および蒸気絶縁フィルム、断熱材、内部仕上げ層を含む一種のサンドイッチです。.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

壊れたマンサード切妻屋根は、屋根の種類に関係なく、高品質の遮熱と遮音の装置が必要です。これに最も適した材料は、厚さ50および100 mmのマットまたはロールで製造された玄武岩断熱材であると考えられています。.

屋根裏部屋の屋根の建設におけるスリングの使用

その疑いのない利点には、次のようなものがあります。

  • 簡易;
  • 不燃性;
  • 環境への配慮;
  • 高密度;
  • 手頃なコスト.

さらに、玄武岩ミネラルウールは、非常に低い吸水率、その中の真菌の形成に対する耐性、および多方向配列を有するその繊維が音波を完全に吸収し、部屋に音響快適性を提供するという特徴があります.

ヒント! 屋根裏の屋根構造に配置された断熱層の厚さは150〜200mm以上でなければなりません、そうでなければ、加熱コストが不当に高くなります.

マンサード切妻屋根の各垂木システムは、自分の手で建てられ、屋根材と断熱材の間に位置する防水層を取り付ける必要があります。その役割は、単純な屋根材(最も実用的なオプションではありません)、および建設用ステープラーで垂木を標的とする最新のポリマー防水膜によって果たすことができます.

その後、垂木の間で、選択された断熱材が固定されます。断熱材は内側が蒸気バリア膜で閉じられています。断熱特性にプラスの影響を与えるミネラルウール内の水分の蓄積を完全に排除します。これらの作業が完了したら、新しい部屋の内装用のデバイスを開始します。これには、任意の材料(乾式壁、OSBボード、ライニング)を使用できます。.

logo

Leave a Comment