自分の手で壁を守る方法

仕上げ材の範囲により、希望、予算、操作条件に応じて壁を装飾するための適切なオプションを選択できます。ウォールクラッディングの一般的なオプションの概要は、商品の流れや装飾の創造的な機会をナビゲートするのに役立ちます。.

ストーン仕上げ↑

自分の手で壁を守る方法内部のレンガと装飾石は、広々とした部屋の壁に有利に見え、限られたスペースに反対の視覚効果をもたらします。暖炉、窓のニッチ、出入り口の近くに配置されたセグメントは特に興味深いものです。レンガを様式化されたタイルに置き換えることは非常に許容されます。これは、モダンなインテリアの壁の設計で要求されています.

作業の準備段階には、許容できる過失の瞬間を伴う壁の相対的な配置が含まれます。これは、作業面を基準状態にする必要がないためです。石の重量とそれに対応する荷重を考えると、垂直構造の信頼性に対する要求が高まっています.

提供:

  • メッシュ張力が強化された石膏
  • 乾式壁を使用する場合は、限られた厚さのシートを選択してください(3つの水平位置に強化された固定パターンで最大12.5 mm)
天然石のクラッディングを計画する場合、模造品で装飾する場合はこの点を除いて、金属メッシュのみが使用されます.

マウントのテーマのバリエーションには、選択肢があります。

  1. タイル張りまたはシリコーン接着剤;
  2. 液体ネイル;
  3. 石を接着するための特別な構成。
  4. 可塑剤とPVA接着剤を添加したセメント砂モルタル.
重要! 乾式壁(HA)を使用する場合は、接着剤の組成と一致する確率を指示と比較する必要があります。不特定の組み合わせの場合、確実に締結するためには、ギアローラーで素材にミシン目を入れ、密着性を良くする必要があります。壁は、深い浸透プライマー法を使用して漆喰で塗られます。.

作業を開始する前に、仕上げ材と壁の形状、および継ぎ目の有無などの設置方法を比較するプロジェクトを作成することをお勧めします。スケッチが壁に転送され、作業領域の対称性が示され、壁の断片バージョンにリミッターがインストールされます.

石積み技術↑

自分の手で壁を守る方法完成したコンポジションは、最初の行の幅に沿ってスパチュラで配布されます。壁のクラッディングのバットバージョンでは、接着剤に石を置き、接着を均一にするために左右にスクロールし、より良い固定のために押すだけで十分です。.

ビルダーの武器庫で装飾的な継ぎ目を取得する実施形態では、いくつかの技法が用意されています。

  1. ストライプGK。このテクノロジーの結果は、特定の種類の石を完全に補完する広い継ぎ目になります.
  2. 幅の異なるHAテープ。ラインは、パラメーターを調整する機能でよりエレガントです.
  3. タイル張りの十字架。材料の構成をサポートする明確なラインを形成する.

15 mmの厚さは、取り付け時に注意が必要です。付着の結果を修正し、アレイが下に移動する可能性を予測するために、アクションは3〜4行後に中断する必要があります.

石はグラインダーまたはタイルマシンでカットされます。花崗岩と大理石の特に耐久性のあるテクスチャを使用するオプションでは、プロの切削加工を信頼することをお勧めします.

約数日後、乾燥段階の後、補助要素が削除され、残りの溶液と継ぎ目が上書きされます.

審美的効果のために、装飾的仕上げはオフセットされることが好ましい。これは、さまざまなパラメータを考慮して、石を扱う場合に特に重要です。あなたはサイズに関連して集塊を選択し、別々の行の壁にそれらをグループ化する必要があります.

壁をプラスチックパネルで覆います↑

自分の手で壁を守る方法プラスチック製の仕上げ製品の選択は、自然な風合いの高品質の模倣と色のパレットを備えているため、デザインに応じてパネルを選択できます。ウォールクラッディングにはフレームオプションを使用してください.

バテンの取り付けには、25 x 60 mmのレールを使用します。願望を上にしてパネルを配置するバージョンについて詳しく知ることは価値があります.

この場合、金属ガイドは垂直に垂直になります。プロファイルは、上下に平行に配置され、ダボで水平にされて壁に固定されます。目立つ凹凸がある場合は、裏地にしっかりとした素材を使用しています。.

この段階で、付属のガイドは、最初のステップに対して設定された最大60 cmのステップの予備固定で取り付けられます。最終的な固定は、木枠の平面での最終的な位置合わせの後に実行されます。木の構造的特徴を考えると、防腐剤組成物でレールを処理することは理にかなっています.

成形品↑

パネルの固定を整理し、壁のデザインを完成させることに関与するクラッド部品。目的の異なるプロファイルにはいくつかのタイプがあります。

  1. 開始-プロセスの開始点.
  2. 仕上げ-最後のパネルを取り付ける前の仕上げ
  3. コーナー外部-突き出たコーナーの端に取り付け.
  4. コーナー内部-平面上で逆の位置にある前のものと同じ.
  5. ドッキング-2つの位置での需要:2つのパネルを接続し、ミラーまたはフードを挿入する設計目的で使用されます.

自分の手で壁を守る方法スターティングモールディングは、上隅に垂直に取り付けられています。パーツは、ブラケットまたはダボ付きのステープラーで取り付けられます。同時に、プロファイルは床と天井に取り付けられ、作業の境界を示します.

最初のパネルが最初の構造に挿入され、後続の要素がその後ろに並んでいます.

重要! プラスチックチェーンの最後のリンクには注意が必要です。この時点で、仕上げ成形品を垂直に対称的に取り付けます。パーツを少し曲げて、細長いパネルの列に取り付ける必要があります。見かけのサイズが一致しないバージョンでは、そのパラメーターはナイフで調整されます.

乾式壁付きの滑らかな壁被覆↑

自分の手で壁を守る方法紙の内装の素材は、その内容に応じて乾式石膏と呼ばれます:両面段ボールのフレーミングを備えた石膏フィリング。時間とエネルギー資源の最小コストにより、壁の装飾に対処することができます。壁のクラッディングの原理は、離れて固定されたガイドとプロファイルの垂直アバットメントに基づいています.

唯一の困難は、シートの全体的な寸法であり、この事実は、プロセスのアシスタントの存在を必要とします。 GKパネルは壁に単に接着することができます。しかし、防音性を高めるために、そして壁が平らでない場合はフレームを作ります。フォームコンクリートブロックと気泡コンクリートフレームの最初は均一な壁の木製の表面を被覆する必要がない.

重要! 完成したクレートは、プレハブゲート、換気用ベント、およびその他のエンジニアリングプロジェクトと通信するための閉鎖空間を形成します.

1つの人気のあるバージョンは、4種類の完全なシステムを生成するKNAUFの認定製品です。

  1. 標準-厚さ9.5〜12.5 mm
  2. 耐湿性-疎水性添加剤で注目に値し、壁を可能にします «呼吸する» 厚さパラメータが12.5 mm.
  3. 耐火性-石膏に強化物質を含み、耐熱性を大幅に向上させます(12.2 mm).
  4. 耐湿性-上記の特性と同様の厚さの組み合わせ.

KRAUFシステムを使用する場合、すべてのアクションは元のコンポーネントをサポートするために実行されます.

元帳シートでの作業の原則↑

プレートの変形を避けるため、開始はコーナーまたは中央から設定されます。固定はネジで行います。特殊なツイストオンノズルが、ねじの所定の深さまでの侵入を監視します。充填時には技術的な瞬間が重要です。ギャップを除いてシートが端から端まで密着.

  • 取り付け方式は、壁(UD)とガイド(CD)の2つのプロファイルのフレームが存在するためです。消耗品を最適化するために、設置図が概説されています。シート上のソケットとモールディングの位置のマークされた領域.
  • 壁に取り付けられたバージョンは、50 cmごとにダボで水平に取り付けられています。プロファイルの位置は、レベルによって調整されます.
  • 壁面にはステップ周波数60 cmの直接CD通路(垂直線を使用)が搭載されています。外周に沿って、直接サスペンションは最大0.5メートルのリズムで取り付けられ、ガイドを固定します.
ヒント。仕上げタイルのプロジェクトでは、2枚のHCを木枠に取り付ける必要があります。クラシックな仕上げのための追加要件はありません.

自分の手で壁を守る方法関節の形成と補強のためのアクションは装飾的で機能的です。ネジの位置を処理した後、固定ポイントでパテを通過する必要があります.

関節はグラスファイバーテープで密封され、石膏で覆われています。 KNAUFシステムを使用する場合、ギャップは独自のフィラーマスで埋められます。シーム割れに強く、シートをしっかりと固定します.

パテを完全にグラウトすることで完璧な滑らかさを実現しそうです.

セラミックタイルの敷設スキーム↑

自分の手で壁を守る方法誰もがタイル張りの壁の品格と美学を知っています。インストールを節約したい場合は、インストールテクノロジを個別に習得できます。貯金箱のプロでは、仕上げのテーマに多くのバージョンがありますが、基本的な手法を使用します.

滑らかな壁は高品質のクラッディングの保証であり、石膏のレベリング層は常に適切です.

  1. プロセスは、水平に固定された壁へのレベルの助けを借りて敷設された長いレールから始まります。彼女は2列目をサポートし、均一なクラッドを提供します.
  2. 接着剤は、数字のついたへらで表面全体に分配され、タイルは努力してそれに押し付けられます。その位置の正確さはレベルによって制御されます。継ぎ目を識別するために十字が挿入されます.
  3. グラウトで終わる.

ベネチアン漆喰の質感↑

自分の手で壁を守る方法ベネチアンプラスターは、パン粉(大理石、花崗岩、または石灰)の形で、異なる色のアクリル物質で構成されています.

華やかな名前は複雑な技術を意味するものではなく、独立して実行するために非常にアクセス可能です.

装飾的なコーティングのアイデアは、特別な混合物によって作成された光沢のある効果を形成することです。プラスターの2つのコーティングされた層がそれで覆われ、テクスチャパターンは、3番目の層の移動、押し付け、ツールの形状の技法の組み合わせによって明らかになります。スキルがない場合は、壁で練習することをお勧めします。.

適用スキームは次のように示されます。

  • 主な状態は平らな壁です。ダブルポリマープライマーが含浸されており、完全に乾燥した状態でのみ、左官工事の準備ができています。
  • 色を追加します。プライマー層で下地を再現。 4〜5時間後、研磨布で表面を研磨します。 «ヌル»;
  • 2番目のレイヤーは、ソリューションの小さな部分にランダムな順序で適用されます。へらの端にある余分な石膏の蓄積が取り除かれます-それらは効果を台無しにします;
  • 3番目のアプローチは、計画された結果を提供します。漆喰の特徴的な層がパターンの形状に形成され、圧力下でスパチュラで繰り返し研磨すると光沢が生じます。
ヒント! 溶液は急速に固化するため、少量ずつ作業してください.

ヘルパー-こてまたはパテナイフ。表面の質感はサイズによって異なります。石膏は注意深く塗られ、各コートは乾燥する必要があります。.

毎週の間隔の後、無色のニスが適用されます。これは、光線の屈折の背景に対してボリュームの錯覚を作成することにより、視覚的印象を高めることができます.

最初の層は広いへらで、最後の層は狭いもので作られています。ツールのエッジの鋭い形状は、丸めて加工する必要があります。そうしないと、深い溝が残ります.

素材を試し、テクニックを組み合わせ、独自のデザインプロジェクトを作成し、壁を自分で並べます。ユニークなデザインと良い気分はあなたの努力のボーナスになります.

logo

Leave a Comment