壁石膏の厚さ

壁石膏の厚さきっと誰もがその表現を知っている «家の壁の助け». 文字通りの意味で、それらは暖かさ、沈黙を保存し、内側から目を楽にすることによって私たちを助けます。.

そして石膏は建物の混合物であり、そのおかげで私たちはそのような快適さ、安全性、美しさを得ることができます.

石膏についての詳細↑

仕上げ層の選択は責任ある問題です。混合物の組成と石膏の最適な厚さを選択することが重要です。間違えないように、修理ビジネスの面白い理論を掘り下げます.

したがって、壁を外側から壁で囲みます。これは、正面の石膏を処理する必要があることを意味します。選択が壁の内側にある場合、これは内部の石膏です.

ファサード石膏↑

壁石膏の厚さ外壁に触れない壁は、家の中を浸透する水分を吸収します。悪天候で誰がそれがどれほど暖かいかを目撃したいとは思わないでしょう。 «滑り落ちる» あなたの家から。家の外面を仕上げるための石膏は、砂、石灰、セメントに基づいて作られています。最も一般的なセメント石膏の厚さは少なくとも10 mmである必要があります.

外部漆喰のプロセスは3段階で行われます。

  • スプラッター
  • プライミング
  • ナクリフカ

壁石膏の厚さ噴射 -石膏への壁面の強力な接着に必要な最初の層.

建築基準および規則(SNiP)に基づくスプレー層の厚さは5 mmを超えてはなりません.

壁石膏の厚さプライミング -厚さが7〜8 mmの2番目の層が基本です。土の厚い層を適用する必要がある場合、それはいくつかの層に分割され、各層は7mmより厚くしてはいけません.

壁石膏の厚さナクリフカ – 仕上げのレベリング層、従来のプラスターの場合は最大2 mmの厚さ.

コーティング溶液は、まだ乾燥している土壌層に適用されます。.

注意! ファサードのコーティングに関する作業は、壁が落ち着いた後に開始され、汚れ、汚れ、建物のほこりが取り除かれます。.

外壁の装飾のタイプの1つは、いわゆる «ぬれた» 石膏。それは2つの層に適用されます:断熱材と補強材。断熱材の石膏層の厚さは、3〜4 mm(厚いファサードの場合)または7〜9 mm(厚いファサード)です。.

内装石膏↑

壁石膏の厚さ2つの重要な機能を実行します。

  1. さらなる壁の装飾の基礎として機能します(壁紙、絵画、タイルなど)。
  2. 部屋の湿度を安定させます(過剰になると空気から余分な水分を吸収し、湿度レベルが下がると元に戻ります)。.

ほとんどの場合、石膏混合物は左官部屋に使用されます。環境にやさしく、準備が簡単(水で希釈)であるため、人気が高まっています。必要な情報はすべてパッケージに記載されています。したがって、たとえば、Rotband石膏プラスター層の厚さは10 mmです。.

石膏プラスターが乾燥している間は、ドラフトが部屋の中を歩き回らないようにしてください。クラックを引き起こす可能性があります。.

あなたまたはデザイナーが壁をペイントしたい場合、石膏は高品質でなければなりません。壁紙の場合-改善されました。シンプルな仕上がりの表面にパテを塗布できます。.

  • 単純な石膏の輪郭の標準的な厚さ(スプレーと土)-12 mm,
  • 改善-15 mmおよび
  • 高品質-20mm.

SNiP 3.04.01-87によると、建築基準と規則:

«3.16。改善された高品質の石膏は、ビーコンで実行する必要があります。その厚さは、コーティング層のない石膏コーティングの厚さと同じにする必要があります。».

漆喰、灯台とルール↑

家やアパートの壁を個人的に改造したいのですが、左官工事の経験はあまりありませんか?次に、灯台なしで行うことはできません。また、ソリューションの消費量を大幅に削減できるため、これも必要です。そして、これらすべてに害を与えることなく、逆に、ビジネスに利益をもたらします。壁の均一性が理想的です.

より良い説明は、このプロセスを示すことです。.

重要! 石膏層の厚さは、ビーコンのサイズによって異なります。したがって、これらのガイド要素を選択するときは注意してください。.

補強と石膏↑

壁石膏の厚さ補強メッシュは、修理工の貯金箱のもう1つのツールで、壁の漆喰塗りを容易にします。.

この技術は、壁と仕上げの間のより強い接続を提供し、ひび割れを防ぎます。.

家の外側と内側の漆喰に使用されます。.

それが起こります:

  • プラスチック;
  • 金属.

最初のタイプのグリッドの石膏層の厚さは約30 mmで、2番目のタイプのグリッドの厚さは50 mmを超える必要があります。.

グリッドは壁紙と同じ方法で下塗りされた壁に配置され、ロールのみが水平位置から巻き戻されます.

logo

Leave a Comment