プラスチック製の窓にスロープを取り付ける方法

プラスチック製の窓にスロープを設置する方法をすべての独立したマスターが知っているわけではありません。最も正確な作業を行っても、いずれにしても窓の開口部が破壊され、あらゆる種類のひび割れや穴が現れるため、将来的に閉じる必要があります。これらおよび他の多くの問題は、多くの人々がプラスチック製の窓に独立してスロープを設置することができず、すべての作業の技術を理解することさえできないという事実につながります.

ただし、実際にそのような作業を行うことで少し節約したい場合、およびプラスチック製の窓の修理または設置の分野で一定のスキルを持っている場合は、プラスチック製の窓を設置した後に傾斜を作成する方法を詳細に理解することをお勧めします.

塗装と石膏↑

プラスチック製の窓にスロープを取り付ける方法

プラスチック製の窓の斜面を塗りつぶすことには、使いやすさだけでなく、非常に手頃な価格という唯一の利点があります。乾燥した混合物を水で希釈するだけで十分です。その後、すべての作業を進めることができます。

  • 最初のステップは、徹底的な洗浄と、ガラスの周囲の表面を平らにすることです。この領域のさまざまな汚れや破片を完全に取り除く必要があります。
  • 今、壁、コーナー、スロープの継ぎ目が拡大しています。大部分の場合、壁面への混合物の良好な接着を確実にするために、約8〜12 mmの拡張を実行することで十分です。
  • この後、斜面の左官工事に直接進むことがすでに可能になります。最初に、壁の左官工事が行われ、その後、傾斜角度が正しく調整されます。
  • 二重窓の間の隙間は完全に発泡しています。民家で暖かい坂道が必要な場合は、フェルトやトウなど、さまざまな素材を使用できます。材料は最初に石膏モルタルで濡らす必要があります。その後、窓の周囲に沿ってすでに圧縮が行われています。同時に、約20〜30 mmのギャップをウィンドウボックスの端に残しておく必要があります。これは、ソリューションの凹部として使用されます。部屋の防音を実現するためには、発泡が必要です。
  • プラスチック製の窓の傾斜溝に一定量の溶液を塗布した後、水平にします。ここで、この断片が完全に乾くまで待つ必要があります。
  • 次に、もう一度少量の石膏を塗り、それに応じて平らにします。溝が一杯になるまでこの手順を繰り返します。 1つのレセプション内で、厚さが7以下、厚さが5 mm以上のレイヤーを適用する必要があります。
  • 石膏が斜面の上部に適用される前に、水平の均一なエッジを持つ木製のラスの助けを借りて、非常に確実に固定する必要があります。レール自体は釘で固定できます。レベルを使用してその位置を確認しながら、すべてを非常に正確に行うことが非常に重要です。同様に、レールは斜面の側面に設置する必要があります。
  • すべての作業の後、石膏は平らになります。このために、専門家は丸みを帯びたハンドルを持つ木製の麦芽を使用します。ツールの長さは、傾斜の幅によって異なります。
  • カキの安全性を確保するために、マウントする際に丸みを帯びたまたは平らなフィスキーを使用する必要があります。石膏のコートが完全に乾いたら、スラットを取り除く必要があります。他のすべての当事者は同じ方法で処理されます。.

プラスチック製のスロープはどのように取り付けられますか? ↑

プラスチック製の窓にスロープを取り付ける方法

窓にスロープを設置することは、まず第一に、広い分布によって区別されます。なぜなら、彼らの助けを借りて、かなり独創的な解決策をインテリアに使用することが可能になったからです。さらに、プラスチック製の窓にスロープを設置してその後の操作を行うのは非常に簡単です。また、プロファイルと二重窓が同じように膨張するため、温度差がある場合、スロープの構造に過剰な電圧が現れません。.

また、プラスチック製の窓を取り付けた後で仕上げを行う必要はありません。すべての準備が整っているので、湿った布で汚れやほこりを拭くだけで十分です。ほとんどの場合、インストールには約2時間で十分で、インストール自体は次のように実行されます。

  • 斜面の必要な幅が測定され、その後PVCから切り取られます。
  • パネルは、以前に洗浄した表面に固定されています。ほとんどの場合、専門家はこれに液体の爪を使用します。
  • レールを使用して、パネルを目的の位置に固定します。
  • 両端は上部のプラスチックコーナーで慎重に覆われています。このようなコーナーを使用することで、プラスチック製の窓の近くに貼り付けられる壁紙の耐久性を確保できます。これは、子供や動物によって損傷を受けることが多いためです。.

自分の手でプラスチック製の窓のスロープを取り付ける方法を理解していない人のために、詳細なステップバイステップの説明を含む以下のビデオ:

乾式法面の設置↑

プラスチック製の窓にスロープを取り付ける方法

石膏ボードのスロープは、自分の手でPVCの窓にスロープを設置することに関心がある人々の間で最も一般的です。この場合、製品は高湿度に接触することが多いため、防湿シートを使用することを強くお勧めします。インストールは次のように実行されます。

  • 幅が測定され、わずかなインデントがとられます(約3 mm)。
  • 乾式壁のシートに、目的のキャンバスが描かれ、その後、特殊なナイフまたは電気ジグソーでカットされます。後者のツールを使用する場合、この場合、石膏ダストの拡散を防ぐために、最初に水で材料を湿らせることを強くお勧めします。
  • シートは、壁面とプラスチック製の窓の間の溝に約3 mm入るように片側に取り付けます。
  • フォームは壁と壁の間のスロープの内側に適用され、その後スロープの中央とエッジに沿って適用されます。
  • キャンバスはダボでしっかりと固定されており、キャンバスを完全に垂直にするために、すべての作業は建設レベルを使用して注意深く監視されています。
  • 上部斜面の設置も;
  • フォームが最終的に硬化するまで約2〜3時間待つ必要があります。その後、鎌とパテを使用して、あらゆる種類の接合部と亀裂を密閉します。最初に、鎌を刺してから、へらとパテを使用して、最終的に斜面の表面を滑らかにします。
  • スライスを保護するコーナーの設置。この場合、アルミニウムまたは穴あき亜鉛メッキコーナーを使用することが重要です。パテ層が乾式壁に適用された後、コーナーがレベルに厳密に従って取り付けられ、同じパテでわずかにこすられます。
  • パテが乾いたら、シートをサンディングすることができます.

以下のビデオでは、プラスチック窓用の乾式壁スロープのより詳細な設置が検討されています。

注意↑

本当に信頼できて暖かいスロープを設置することは技術全体であり、プラスチック製の窓を設置するよりも実装ははるかに複雑です。ただし、このようなスロープを使用することで、設置中の窓の寿命を大幅に延ばすことができます。ただし、操作中に凍結したり、暗くなったり、太陽光から消えることはありません。.

プラスチック製の窓を設置した直後、または少なくとも1日おきにスロープを設置することをお勧めします。設置プロセスの最も重要な段階の1つは、シームを提供するフォームシームの適切な形成です。泡は、余計なことなく均等に適切な量で塗布する必要があります。そうしないと、パネルが変形するだけです。.

logo

Leave a Comment