コンクリートおよび鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリート一体構造の装置

鉄筋コンクリート一体構造の装置

モノリシック鉄筋コンクリート構造は、1802年にロシアで最初に使用されました。補強材には金属棒を使用した。このテクノロジーを使用して作成された最初の建物は、ツァールスコエセロー宮殿でした.

モノリシック鉄筋コンクリート構造は、次のような製品の製造でよく使用されます。

  • 貯水池,
  • 壁,
  • 重なる,
  • 財団.

鉄筋コンクリートモノリシック構造により、あらゆる複雑さと構成の建物を構築できます。さらに、このテクノロジーは工場標準に限定されません。デザイナーは創造性のための信じられないほど広い分野を持っています.

なぜ補強が必要なのですか? ↑

鉄筋コンクリート一体構造の装置

もちろん、コンクリートには多くの利点があります。強度が高く、温度変化に静かに耐えます。水や霜でも害を及ぼすことはありません。しかし、その引張強度は非常に低いです。ここで補強が効いてくる。 LMCの強度を高め、コンクリートの消費を減らすことができます。.

理論的には、竹の茎を含め、何でも補強材として使用できます。実際には、複合材料と鋼の2つの物質のみが使用されます。前者の場合、これは材料の複合体全体です。製品は玄武岩または炭素繊維に基づいている可能性があります。彼らはポリマーで満たされています。複合継手は軽量で耐食性があります。.

鋼は比類のないほど大きな機械的強度を持ち、さらにそのコストは比較的低いです。鉄筋コンクリートを補強するプロセスでは、モノリシック構造が使用されます:

  • コーナー,
  • チャンネル,
  • Iビーム,
  • 滑らかで溝のあるロッド.

複雑な建設オブジェクトを作成する場合、金属メッシュはモノリシック鉄筋コンクリート構造のベースに配置されます.

建設継手は、異なる形状を持つことができます。しかし、セールでは、ほとんどの場合、ロッドのみを見つけることができます。段ボール鋼棒は、低層の建物の建設で最もよく使用されます。低価格でコンクリートへの接着性が良いため、潜在的な購入者にとって非常に魅力的です。.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

鉄筋コンクリートモノリシック構造の作成に使用される鋼棒は、ほとんどの場合、12〜16ミリメートルの厚さです。それらは構造を引き裂くことから完全に保護します。圧縮によって生じる荷重は、コンクリート自体によって補償されます.

基礎装置の種類に応じた補強の特徴↑

家の基礎を築くとき、モノリシック鉄筋コンクリート構造を補強するための規則に従うことは非常に重要です。これにより、多くの欠陥が回避され、オブジェクトの長い耐用年数が保証されます。鉄筋コンクリートモノリシック構造の装置によると、3種類の基礎が区別されます.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

スラブ基礎↑

補強する場合は、ロッドコルゲート補強を採用。鉄筋コンクリートモノリシック構造(基礎スラブ)の厚さは、床の数と建設に使用される材料によって異なります。標準インジケータは15〜30センチメートルです。.

重要! 建物の質量が小さい場合、鉄筋コンクリートモノリシック構造では、ロッドの断面が6〜10センチのグリッドを使用できます。.

高品質のスラブ基礎の補強には2つの層が必要です。下部グリルと上部グリルは支柱で接続されています。それらは適切なサイズのギャップを形成します。.

鉄筋コンクリートモノリシック構造の専門的な補強の主な違いは、鉄骨のすべての要素を完全に隠すことです。同時に、タイル張りの基礎では、補強材は一緒に溶接されていませんが、ワイヤーを使用して編成されています.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

ストリップファンデーション↑

この鉄筋コンクリートモノリシック構造のデバイスは、上部に配置され、ストレッチングに関連するすべての応力を担う格子で構成されています.

フレームの要素を溶接することは強く推奨されません-これはその強度を低下させます。この場合、鉄鋼要素と土壌を分離するコンクリート層は、少なくとも5センチメートルでなければなりません。これは金属を腐食から保護します。.

鉄筋コンクリートモノリシック構造では、縦方向のロッド間の正しい距離を維持することが非常に重要です。境界インジケータは400ミリメートルです。フレームの高さが150 mmを超える場合、クロスエレメントが使用されます.

鉄筋コンクリート一体構造の隣接するロッド間の距離は、25ミリメートルを超えることはできません。角度とジョイントがさらに強化されています。これにより、ファンデーションをより強力にすることができます。.

杭基礎↑

この技術は、盛り土の構造物の建設に使用されます。グリルから土壌までの最適な距離は100〜200 mmです。隙間により、家全体の断熱にプラスの影響を与えるエアクッションを作成できます。さらに、エアクッションは1階の湿気の形成を回避します。.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

杭の作成には、M300以上のコンクリートが使用されます。屋根材が埋め込まれた事前に掘削された井戸。型枠としても機能します。補強のフレームは各穴に下げられます.

フレーム構造は縦溝付き補強で構成されています。 12から14 mmのロッドの断面。固定はワイヤーで行います。最小杭径-250 mm.

壁と床↑

鉄筋コンクリート一体構造の装置

これらの要素には、特別な補強ルールも必要です。原則として、それらはファンデーションを作成するための標準に似ていますが、いくつかの違いがあります。

  1. 壁の補強材の最小縦方向直径は8 mm、最大ステップは20センチメートル、横方向は35 cmです。横方向補強材の断面は縦方向断面の少なくとも25%です.
  2. 重複。配筋の直径は、設計荷重によって決定されます。最小値は8ミリメートルです。ロッド間の距離は20mm以下です.
  3. 壁と床の両方を作成する場合、グリッドの使用が許可されます.

壁と天井の補強率は、これらの鉄筋コンクリートモノリシック構造が受ける負荷の程度が異なるため、異なります。.

補強の主なルール↑

鉄筋コンクリート一体構造全体の強度は、コンクリートと鉄筋の接続に依存します。コンクリートがエネルギーの損失なしに荷重の一部を鉄筋に伝達する必要がある.

補強の主なルールは、鉄筋コンクリートの一体構造では通信の違反があってはならないということです。このパラメーターの最大許容値は0.12ミリメートルです。コンクリートと鉄筋の信頼できる接続-建物全体の強度と耐久性の保証.

重要! 必要な指標を達成するためには、SNiPに示されているすべての建設基準を厳密に遵守し、慎重に計算を行う必要があります。.

デザイン↑

デザインとは? ↑

鉄筋コンクリート一体構造の設計は、収集された測地データ、利用可能な材料、および建物の目的に基づいて図面を作成することです。モノリシックフレームビルディングの支持システムは、床、基礎、柱で構成されています。.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

設計者のタスクは、すべての要素の荷重を正しく計算し、土壌の特性と気候条件を考慮して最適な設計を作成することです。鉄筋コンクリートモノリシック構造自体を作成するプロセスには、次のものが含まれます。

  • レイアウト;
  • 二次ビームの構造の計算;
  • 負荷計算;
  • 第1グループと第2グループの制限状態によるオーバーラップの計算.

数学的計算を簡略化するために、AutoCADなどの特別なソフトウェアが使用されます.

SNiPに基づく設計と計算↑

実際、モノリシック鉄筋コンクリート構造の設計ガイド-これはSNiPです。これは、ロシア連邦における住宅用および非住宅用建物の建設に関する基準を含む一連の規則と規範です。このドキュメントは、建設技術と安全アプローチの変更に応じて動的に更新されます。.

モノリシック鉄筋コンクリート構造の合弁事業は、一流の科学者とエンジニアによって開発されました。 SNiP 52-103-2007は、継手にプレストレスをかけることなく、重いコンクリートに基づいて作成されたZhMKに関係しています。このドキュメントによれば、これらのタイプの耐荷重要素は区別されます。

  • 柱状,
  • 壁,
  • 柱壁.

鉄筋コンクリート一体構造を使用する場合、耐荷重要素の異なる構造システムでの床の設計が許可されます.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

SNiPに基づいて軸受要素のパラメータを計算する場合、以下が考慮されます。

  1. 基礎、床、その他の構造要素に作用する力の決定.
  2. 上層階の床の振動の振幅.
  3. 形状安定性の計算.
  4. 破壊のプロセスに対する耐性と建物の支持力の評価.

この分析により、鉄筋コンクリート一体構造のパラメータを決定できるだけでなく、建物の寿命を知ることができます.

設計では、耐荷重鉄筋コンクリート一体構造に特に注意が払われています。この場合、以下のパラメーターが考慮されます。

  1. 亀裂の可能性と速度.
  2. 硬化中のコンクリートの温度収縮変形.
  3. 型枠を取り除くときのLMCの強さ.

すべての計算が正しければ、作成された製品は最も極端な条件でも数十年続く.

ベアリングLMCのパラメータが計算されるとき、鉄筋コンクリート要素の線形および非線形剛性が使用されます。 2番目は、連続弾性体に対して指定されます。非線形剛性は断面から計算されます。亀裂やその他の変形の可能性を考慮することは非常に重要です。.

LMCによる建設作業の順序↑

各建設会社は、生産プロセスの最高の組織を達成しようとします。これには、SNiPと国際標準が使用されます。それにもかかわらず、将来の建設の最高の品質を保証することができる確立された作業順序があります。

  1. 最初は、永続的、一時的、短期、特殊の4つの主要なタイプの負荷に対して計算が実行されます。たとえば、強い振動を生成するユニットの基礎を作成する場合、鉄筋コンクリートの一体構造のみが使用されます.
  2. 一般的な指標の調査、計画、分析.
  3. 構築されている構造のポイントの決定.
  4. 構造の補強。プレストレストと通常の2つのタイプがあります。.
  5. 型枠の設置。型枠を使用すると、将来の鉄筋コンクリート構造に必要な形状を作成できます。同時に、それは折りたたみ、素材、目的、デザインによって分類することができます.
  6. コンクリート。コンクリートを注ぐ方法は主に4つあります。ミキサートレイから直接型枠に注ぎます。具体的なポンプによって;側溝を通して;ベルを使って。バイブレーターはコンクリートを圧縮するために使用されます.

強くて信頼できる鉄筋コンクリート一体構造を作成する上で非常に重要な部分は、コンクリートの手入れです。事は、この材料が特定の条件下でのみ硬化できるということです。通常、特別な種類のセメントを使用しない場合、コンクリートが完全に硬化するまでには約15〜28日かかります。暑い季節に水分が蒸発するのを防ぐため、LMCに水を注ぎます.

鉄筋コンクリート一体構造の装置

重要! 寒い季節には、ヒーターなどの特別な設備が必要です。また、ヒーターなしではできません.

インストールはどうですか? ↑

鉄筋コンクリート一体構造の装置

特定の構造要素を使用することの実現可能性を決定するのは開発者なので、このテクノロジーを使用すると、材料を節約できます。鉄筋コンクリート一体構造の設置は、建設現場で直接行われ、次の段階で構成されます。

  1. 補強材が現場に敷設されています。フレームの要素間の標準的な距離を観察することが重要です。これにより、コンクリートの均一な広がりが保証されます。.
  2. コンクリートを流し込みます。この段階では、油性物質が混合物に入らないようにする必要があります。コンクリートの接着を防ぎます。.
  3. 必要に応じて、乾燥を促進する追加の装置が設置されます。.

鉄筋コンクリートモノリシック構造により、曲線を作成できます。これにより、建物の全体的な建築が数倍豊かになります。.

まとめ↑

鉄筋コンクリートモノリシック構造を使用すると、近代的なタイプのコンクリートを使用して、可能な限り最短時間で建物を構築できます。建設の重要な段階はデザインです。それはあなたが長い耐用年数を持つ耐久性のある建物を作成することを可能にする正しい計算です.

鉄筋コンクリートモノリシック構造は、産業用建設と住宅の両方で使用されています。コストと強度が比較的低いため、製造ホールや高層ビルの建設に不可欠です。.

logo

Leave a Comment