コンクリートおよび鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリート構造の種類

鉄筋コンクリート構造物は、19世紀に大きな飛躍を遂げました。今ではほとんどすべての建設プロジェクトが彼らの助けを借りて建設されています。現在、世界中で毎日約20億立方メートルのコンクリート製品が生産されています。それらがなければ、オフィス、高層ビル、工業ビルの建設は不可能です.

鉄筋コンクリート構造の種類

鉄筋コンクリート構造により、複雑な度合いの異なる住宅を迅速かつ最小限の費用で建設できます。コアは、鉄筋コンクリートが鉄筋コンクリートモルタルです。.

鉄筋コンクリートの特徴↑

コンクリートは強度があります。これにより、耐用年数の長い建物を建てることができます。さらに、極端な温度にも耐えます。この材料の他の有用な特性は次のとおりです。

  • 耐霜性,
  • 高密度,
  • 耐水性,
  • 耐火性.

コンクリートの圧縮強度は、引張強度の10〜20倍です。このパラメータは、使用する砂と砂利に大きく依存します。主な役割はセメントの品質です。組成物がどれほど強いかを決定するのはセメントです.

コンクリートを注入すると、腐食から補強材を保護することができます。この素材で作られた建物は、耐久性と耐性が特徴です。気孔率は材料の品質に大きく影響します。つまり、総体積に対する気孔の比率です。.

重要! どのデザインにも毛穴があります。それらは、セメントと反応しなかった水の蒸発の結果として現れる。非常に多くの場合、高い多孔度は、ミックス内のセメントが不十分であることを示しています。.

密度は、コンクリートの体積と体積の比率です。この特性が高いほど、鉄筋コンクリート構造の耐久性は高くなります。密度が高いため、コンクリートは圧縮に耐えることができます.

鉄筋コンクリート構造物の厚さに関係なく、熱流束を効果的に伝達できます。コンクリートの熱伝導率は、鋼の50分の1ですが、レンガの熱伝導率よりもはるかに高いです。.

鉄筋コンクリート構造物の低い熱伝導率の結果は、それらの耐火性です。このため、この材料は、高温で作業する必要がある工業用ショップの配置にも使用されています.

重要! 鉄筋コンクリート構造物は、1000度までの温度に長期間耐えることができます。同時に、製品が崩れたり、割れたりしない。.

コンクリートの重要な特性は、その耐凍害性です。この材料は、水で飽和すると、何の影響もなく繰り返しの温度変化に耐えることができます。最小筋力低下率.

鉄筋コンクリート構造の種類

ただし、コンクリートには大きな欠点が1つあります。伸びに対する抵抗は非常に小さいです。したがって、構造に補強要素が追加されます。たとえば、鋼線や棒.

単一の鉄筋コンクリート構造は、高い強度と良好な引張強度を持っています。さらに、これらの製品を作成するための過去150年の技術は劇的に変化し、日々改善を続けています。.

補強とは? ↑

鉄筋により、何世紀にもわたって鉄筋コンクリート構造物を作成できます.

鉄筋コンクリート構造の種類

このコンテキストでの最良の例は、強くて耐久性のある床の建設です。このプロセスでは、金属ベースのスクリードが実行されます。コンクリートの床には、次のタイプがあります。

  • バルク;
  • 土またはスラブで休む;
  • 断熱層のスクリード;
  • 床スクリード.

鉄筋コンクリート構造の強度を高めることに加えて、補強はコンクリートのコストを削減できます。その過程で、次のような材料:

  • 補強ケージ,
  • グラスファイバーメッシュ,
  • 線材メッシュ,
  • 溶接金網,
  • ポリマーネット,
  • グラスファイバー.

幅広い選択肢により、高品質で耐久性のある鉄筋コンクリート構造物を作成するための最良のオプションを選択することが可能になります.

鉄筋コンクリート構造の種類↑

ZhBKは多くのパラメーターで分類できます。 150年以上にわたる継続的な改善により、さまざまな技術とコンクリートのグレードを使用して鉄筋コンクリート構造を作成するための多くの方法が考案されました.

プレハブ鉄筋コンクリート構造↑

それらは、事前に準備された要素から建設現場で生産されます。同時に、FFAは、必要な設備と高度な労働自動化のある専門企業で作成されます。これにより、コスト削減と生産性の最大化が可能になります。.

鉄筋コンクリート構造の種類

当時、SJCの設立は建設業界の一般的な工業化と機械化に非常に良い影響を与えました。プレハブ鉄筋コンクリート構造により、あらゆる気象条件で建物を建てることができます。冬、夏、雨、風、暑さで施工可能.

しかし、プレハブ鉄筋コンクリート構造には、1つの重大な欠点、つまり複雑さが大きいという欠点があります。さらに、ジョイントの作成には大量の金属消費とそれに対応するコストがあります.

モノリシック鉄筋コンクリート構造↑

これらの製品は、型枠にコンクリートを敷設することにより、建設現場で直接作成されます。 MLCのコストを削減した結果、コンクリート、補強材、型枠材料および労働力のコストを削減することで達成できます。.

開発者自身が、オブジェクトの複雑度とその目的に応じて、特定の量のマテリアルの使用の妥当性を判断します。これにより、より柔軟な見積もりを作成し、生産のニーズを現実的に評価できます。.

モノリシック鉄筋コンクリート構造の主な利点は、その空間的完全性です。専門用語を使用すると、静的な不確実性が高くなります。このため、モノリシック構造は材料消費が少ない.

鉄筋コンクリート構造の種類

MZHKは、典型的な建物の建設とユニークな建物の作成の両方に使用します。これらの製品を使用すると、次のようなさまざまな型枠を使用してオブジェクトを構築できます。

  • 修繕,
  • モバイル,
  • シールド,
  • ブロック状.

また、モノリシック鉄筋コンクリート構造物を作成する場合、大きな鉄筋ブロックと空間鉄筋フレームが使用されます。また、このテクノロジーにより、コンクリートの機械化された供給と敷設を確立できます。 MZhKの助けを借りてのみ作成される多くの構造があり、それらには以下が含まれます。

  • プール,
  • 財団,
  • 強力な動的負荷のある構造.

上記の各オプションでは、モノリシック鉄筋コンクリート構造の使用が経済的に有利です。深刻な利点にもかかわらず、このテクノロジーには次のような欠点があります。

  • 骨の折れる型枠;
  • 仕事の季節性;
  • 建設時間は混合物の固化の速度に大きく依存します.

モノリシック鉄筋コンクリート構造の作業は、暖かい季節にのみ行われます。プロセスをスピードアップするために、非常に速く硬化する特殊なタイプのセメントが使用されています。.

プレキャストモノリシック鉄筋コンクリート構造↑

これは要素全体の複合体です。この技術によれば、プレキャストとモノリシック鉄筋コンクリートが一緒に配置されます.

鉄筋コンクリート構造の種類

このテクノロジーの主な役割は、プレハブエレメントとモノリシックエレメントの結合の品質にあります。望ましい結果を達成するために、プレハブ構造は異なる形状とサイズを持つことができます。この種の複合体では、引張りおよび非引張り補強を使用できます。それはすべて、特定の状況とオブジェクトの目的によって異なります。.

プレキャストモノリシック鉄筋コンクリート構造の表面に高レベルの粗度がある場合、ダボなしで行うことができます。プレハブ要素がコンクリートと接触している場所では、横補強材のリリースが提供されます。アンカーはモノリシックコンクリートで敷かれます.

重要! これらの構造のプレハブ鉄筋コンクリートは、モノリシックコンポーネントの型枠です。.

プレハブのモノリシック鉄筋コンクリート構造は、以前の両方のタイプの利点を兼ね備えています。それらは非常に経済的で、近代的な方法を使用して迅速かつ効率的に建物を建てることができます。.

重要! モノリシック鉄筋コンクリートが高い空間剛性を保証します。これにより、材料の消費量が削減されます。.

軽量で気泡のコンクリートは、一体構造の要素で広く使用されています。人工多孔質骨材の使用は許可されています。そのため、構造の比重が大幅に減少します.

信頼できる鉄筋コンクリート構造物を作成するためのルール↑

鉄筋コンクリート構造の種類

このプロセスでは、すべての建築基準法と建築基準法を遵守する必要があります。いくつかの組織は、重要な競争上の優位性を得るために、国際標準にさらに焦点を合わせています。それにもかかわらず、コンクリートの床を作成するときに遵守する必要がある一連の必須ルールがあります。

  1. メッシュまたはフレームがコンクリートの均一な分布を妨げてはなりません.
  2. まず、補強材が現場に敷かれ、その後充填されます.
  3. 鉄筋コンクリート構造物への油分の侵入を避ける必要があります。それらはコンクリートとフレーム間の強い結合の形成を防ぎます。.
  4. 鉄筋コンクリートを腐食から保護するために、コンクリートは補強要素を完全に隠す必要があります.

フレーム補強は、基礎と床が家を固定する単一のシステムである場合に使用されます。信頼性の低い土壌に建設する場合も、同様の技術が使用されます。.

まとめ↑

現代の建設では、特定の利点に応じて、すべてのタイプの鉄筋コンクリート構造が使用されています。主なことは、建物の安全性と耐久性を保証する建設のすべての規則と規制を遵守することです。.

logo

Leave a Comment