ツール

適切な電動はさみの選択

適切な電動はさみの選択

手作業で金属を切断するプロセスは非常に手間がかかり、時間がかかる場合があります。作業量が多い場合は、手工具では難しいため、電動はさみを購入する必要があります。電気はさみには、同様のハンドツールに比べていくつかの利点があります。

  • 金属の切断または切断が自動的に行われるため、労働集約度の削減;
  • 波形および成形された材料を切断する可能性;
  • 実行される作業の精度と品質が高くなります。
  • 手工具で切断する場合、3 mmのシートで切断を実行する機能-厚さが1 mmを超えない。
  • 労働生産性が数倍に向上します。
  • シートの変形なしに切断が行われます。
  • 手の切り傷と使いやすさの欠如.

金属用の電動はさみを選ぶには?はさみの特定のモデルの選択に影響を与える主な要因は、実行される作業の性質と特異性です。次に、はさみの種類、その技術的特徴と機能に注意を払う必要があります。ビデオの電気はさみのデバイス:

電気はさみの種類↑

現代の電動はさみの全シリーズには、次の3つのタイプがあります。

  • 鋼板の切断用。
  • パンチング;
  • スプライン.

シート電動ハサミは、2つの切断ブレードで構成され、1つは動作中に移動し、もう1つは静止したままです。静的(可動)ナイフは、馬蹄の形をしたサポートと剛性ソールに取り付けられています。切断プロセスは手工具での切断に似ていますが、違いは電気駆動です.

利点:

  • 高速かつ信頼性が高いため、このツールは解体のプロセスでよく使用されます。
  • コンパクト;
  • 直線での精密切断;
  • マスターの疲労の軽減;
  • 追加の無駄がない;
  • ワイヤー、折り目および他の材料を切ることは便利です;
  • カッティングブレードは長期間使用できます。ナイフには4つのエッジがあり、片方が切れるとスクロールします.

短所:

  • エッジのみから切断を開始し、低速で金属上に形成されます «小さなステップ» ダイレクトカットを行う場合;
  • このツールを使用して操縦タスクを実行することはできません:曲線カットとプロファイルブランク、ただし直線カットのみ。
  • 一部のマスターはかさばってやや重いと考えています.

シートハサミ、ビデオ:

電動はさみの切断は、スタティックベースと穴あけパンチに似た可動パンチ(作業用)を使用して金属切断を行います。作業中、パンチは削りくずの形で落ちる金属部分を切り落とし、マスターの衣服を汚染します。この事実は多くの労働者にとって迷惑です。.

利点:

  • 優れた操作性、穴を開けた後、どこからでも切断を開始できる機能。
  • 異形および波形シートの切断に適しています。
  • カーブしたカットだけでなく、形やパターンの形をしたカットも実行します。
  • 金属の厚さに関係なく、金属やバリをねじらない高品質の切断。
  • 機能性、切断要素はすばやく交換されます。
  • ツールの反転は最小限です。
  • 作業エリアがはっきりと見える;
  • 優れた電力と効率.

短所:

  • 切削すると、金属に溝が残り、その直径はパンチのサイズと等しくなります。
  • カットの真直度を維持することは困難です。
  • 金属の厚さの違い-小さな十字.

はさみの切断、ビデオ:

スロット付き電気ハサミは、2つのナイフで金属を切断します。そのうちの1つはU字型で固定されています。静的ナイフの内部には、金属の切断を行う2番目の動メスがあります。このプロセスでは、内蔵カッターを使用してチップを取り除きます.

適切な電動はさみの選択

利点:

  • さらなる加工を必要としない理想的なカット品質。
  • 計算された切断:歪みのない正確さと正確さ;
  • あらゆる種類の金属での作業が容易で、滑らかで輪郭がよい。
  • どこからでも切断を開始できます。
  • よく穴を切ってください。
  • 届きにくい場所に割り込む能力。
  • 普遍性(設置および仕上げ作業に使用).

短所:

  • 厚さが最大2 mmの薄い金属のみを切断する機能。
  • 大きな回転角度;
  • 可動ナイフの素早い摩耗.

スロットハサミ、ビデオ:

電動はさみの技術的特徴と特徴↑

これらの製品の膨大な品揃えからどの電動ハサミを選ぶべきですか?電気はさみの種類を学習したので、このツールの技術的特徴と機能に慣れる必要があります。

  1. 電源はバッテリーまたは電源から供給されます。手の届きにくい場所で材料を切断する状況では、コードが損傷する危険があるため、コードレスツールを使用すると便利です。短所-バッテリーの消費が速い.
  2. 電力値は300〜650ワットです。パワーが大きいほど、金属をより厚く処理できます.
  3. 切削速度は工具の速度に依存します。回転が多ければ多いほど、カットラインはより正確で正確になります。一部のデバイスには調整可能なストローク周波数があり、その汎用性が向上し、動作のスペクトルが増加します.
  4. デバイスを選択する際の最大切削厚さの指標は非常に重要です。操作中にこのインジケーターに違反すると、ツールの故障につながります。.
  5. 最大回転半径はモデルのパスポートに示されています。このインジケーターは、ツールの操作性に影響します。これは、選択するときにも考慮する必要があります.
  6. 人間工学適切な電動はさみを選択するには、ケースの工具、形状、サイズ、波形、パッド、取り外し可能なハンドルの存在に注意を払う必要があります。追加のハンドルにより快適さが向上.
  7. 発射ユニットのタイプ。運転中、振動のためにツールの電源をオフにしないでください。スイッチは、誤って操作する可能性がないように、都合のよい場所にある必要があります。.
  8. マスターの手を保護するための特別なシールド-プレートの存在.
  9. 切削要素の機能:それらの間のギャップの調整の存在、ナイフ、ダイ、パンチをすばやく交換する機能。含まれているスペアパーツ.

すべてのタイプの特徴と特性、それらのテクニカルインジケーターを学習した後、金属用の電気はさみを選択できます。このツールを購入する場合、実行する作業の性質と量、およびマスターの経験と個人的な好みを考慮する必要があります.

logo

Leave a Comment