ツール

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

ドリルは、通常の家の修理、大規模な操作、および設置作業の一部として使用されるツールです。このツールを使用すると、次のことが可能です。

  • さまざまな密度の材料に任意の直径の貫通穴を作成します。
  • ファスナーをねじまたは緩める;
  • 建設目的で粘性混合物を混合します。
  • さまざまなスレッドを作成する.

家のドリルを何を選択するかを知るためには、これらすべてが非常に重要です。.

機能強化とさまざまなモデル↑

毎年多くの計画が改善されています。生産性の質的な向上から人間工学の変更まで、適切なものを選択することがますます難しくなっています。モデルの数も増加しています。それらの一部は、実際には、ドリルを呼び出すのは非常に困難です。一般的には、次のことについて話します。

  • 専門家および世帯;
  • ショック機能あり、なし
  • アンギュラー;
  • ミキサードリル:
  • ドリルドライバー(多くは、ドリルドライバーを選択する方法を考えています);
  • ダイヤモンド掘削ドリル;
  • 通信網
  • 電池.
重要:リスト内の分類は、さまざまな機能やその他の基準に従って提示されます.

あなたは別々に提示された最も人気のあるタイプの機器にこだわる必要がありますが、最初に、あなたの家のためのドリルを選択する方法についての非常に有用なビデオに慣れることをお勧めします.

コードレスおよび電気ドリル↑

注意:上記のように、ドリル自体はネットワークまたは電動のどちらでもかまいません。最初のタイプは、修理やその他の作業の場所に中断のない電源がある場合に最もよく証明されます.

バッテリータイプのデバイスは、電気エネルギーがないときや、頻繁に移動する必要がある作業中に最も需要があります。同様のツール «活発な», ただし、電力が低いという特徴があり、追加の充電のために定期的に休憩が必要です。オブジェクトの周りをたくさん移動する場合は、このようなドリルを選択する必要があります.

ただし、記載されている問題は、特定の数の交換可能なバッテリーを使用して解決できます。したがって、これまでに印象的な金額が作成されています。コードレスドリルの選び方を知らない人が多いため、事前に選択するか、専門家に相談する.

ドリルミキサー↑

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

彼らは小さな回転と増加したトルクを持っています。これにより、木材、金属、プラスチックに穴を開けることに加えて、塗料からセメントモルタルまで、建設目的で粘性混合物を効果的に混合することが可能になります.

重要:このような装置の歯車機構は、特定の金属ケーシングで覆われています。ドリルミキサーの特徴的な機能は、最適なグリップ度に調整できる追加のハンドルと見なす必要があります。これは、ハンドルに特別な注意を払う必要があるため、ドリルミキサーの選択方法に関する質問への回答に役立ちます。.

それらはまっすぐでも角張っていてもかまいません。.

最も重要な特性には、

  • ミキサーのパワーの程度。消費されるだけでなく、与えられます。
  • 総回転数-ほとんどのモデルで、回転数を事前設定することができます。
  • ミキサーの直径-混合ノズルの直径が大きいことは、予測される混合材料の量に対して最高の機能があることを示しています。
  • 変更は、それらの間で、およびスピンドルの総直径が異なる場合があります。それは、追加のノズルのさらなる選択に依存します。
  • 追加の機能は逆ですが、ほとんどのモデルでは使用できない場合があります.

ドライバー↑

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

提示されたタイプのドリルなしでは、ほとんど不可能です。充電式(つまり、ワイヤレス接続)と電気式があります。以下のコードレスまたは電動ドリルドライバーを選択する方法について話します.

標準的なショックのないデバイスとの違いは、以下を規制する特別なメカニズムが装備されていることです。

  • 深さ
  • ねじ込みの程度.

キットでは逆に存在する必要があります。チャックコンポーネントは、6つの面を持つシャンクを持つノズルとの相互作用専用に設計されています。このようなドリルは、多くの場合、ウィンドウインストーラによって選択されます。.

ワイヤレスタイプの長所↑

このタイプは、1つ以上のバッテリーから独立した電力を使用するデバイスです.

この点で、電気ネットワークに依存しないそのようなツールの快適さと最大限の使いやすさは、アマチュアだけでなく、修理や設置のケースの専門家にも高く評価されました。そして専門家はドリルを選ぶときに正確に理解します.

そして今、明らかなプラスについてより詳細に:

  • 簡単に輸送する能力;
  • 便利な機能の大規模なセット。
  • バッテリーを交換する機能;
  • 広範囲のパワー分散.

それらを生み出すブランドについて話すと、すべての味と色にかなりの数があるので、最近はドリルを見つけて選択することはそれほど難しくありません.

電気品種について↑

デバイスの電気バージョンを無視することはできません。これは、次のような明らかな利点を特徴としています。

  • 材料にクランプされたドリルを解放するように設計されているリバース機能。また、このオプションはネジを外す場合にも役立ちます。
  • 21のトルクモード-これは、材料の密度の程度にのみ依存します。この機能は、ねじのねじ込みおよびねじ抜きの過程で選択できます。
  • 元の機器タイプの重量が比較的低い(平均でわずか1.5キログラム)。これは、オペレーターの操作速度に良い影響を与えます。したがって、電気ドリルドライバーは非常に高品質で、特定の証明書が必要です。
  • デバイスは非接地ソケットに接続できます。これは、二重絶縁の存在によるものです。.

したがって、提示された機器の種類に応じて、誰もがそれぞれの利点に基づいて、自分で適切に選択します。.

オプション↑

一部のバリエーションには、取り外しが可能な限り簡単なクイッククランプチャックが装備されており、スピンドルにビットを取り付けることをお勧めします。また、多種多様なファスナーの供給を可能にする自動タイプでなければなりません。.

これが、提示されたツールを最も信頼性が高く不可欠なものにしている理由です。.

したがって、最もアクティブに使用するためにどのドリルが最適かを決定するときは、ドライバーに注意する必要があります。.

インパクトドリル↑

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

彼女はしばしばハンマードリルと混同されます。ただし、これは完全に異なるタイプのデバイスであり、標準的な穴あけ形式での機能は、さらに効果的で強力なドリルパスを提供するショックタイプのメカニズムによって補完されます。ハンマードリルの選び方は下記をご覧ください.

重要:同様のメカニズムは、それを制御する人の要求でアクティブ化および非アクティブ化することができます。この点で、インパクトドリルの選択の問題に非常に注意深く取り組むことが推奨されます。.

提示されたメカニズムは、次のような材料との相互作用の開始時にプロセスを最も効果的にブーストします(2〜5回)。

  • レンガ;
  • コンクリート.

提示された機器の変更の大部分では、パーカッションメカニズムは、ドリルが時計回りにねじられている場合にのみ機能します。これは、パンチとの違いの1つです。.

ほとんどの場合、掘削を含む印象的な作業量に直面している人々は、そのようなドリルを購入することに決めました:

  • コンクリート;
  • レンガの壁;
  • 天井.
警告:実績のあるMetabo、HILTI、DeWaltブランドにのみ注意を払います。.

その他の種↑

他の同様に興味深いタイプについて簡単に説明する必要があります。例えば、いわゆるダイヤモンドドリルタイプの穴あけ.

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

彼らだけが即座にそして簡単に傾向がある «一口» 突き通せないコンクリート。その後、痕跡が残りますが、これは大きくはありませんが、直径の大きな穴です。日常のニーズには、このドリルを選択しないでください.

衝撃のないデバイス↑

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

それらは木、プラスチックおよび金属材料にとって理想的です。必要なドライバービットが存在する場合は、リバースが装備されているため、このような変更により、 «対処» 固定作業付き。この特定のドリルを選択しても、失うことはありません。彼女は毎日に最適です.

コーナー↑

あなたの家に合ったドリルを選ぶ方法

他の誰よりも窮屈な状況で機能するように設計されています。アンギュラタイプのギアボックスを装備。これが、作業ノズルがハウジングの軸に対して90度の角度で配置されている理由です。このドリルは誰からも遠い.

車のボンネットの下でこのようなデバイスを操作したり、互いに近くにある木製の梁に穴を開けたりするのは快適です.

したがって、どのドリルを選択するかを決定する人にとって、反省のための最も広いフィールドがあります.

logo

Leave a Comment