財団

基礎に必要な補強:タイプ、計算

最新の鉄筋コンクリート構造の基礎として、特殊鋼補強が使用されます。これにより、ベースのさまざまな要素が互いにどのように相互作用するかを心配する必要がなくなり、引張荷重に完全に抵抗します。比較すると、計算が本当に正しく行われた基礎の補強は、基礎の信頼できるスケルトンとして機能します。これを使用することによってのみ、基礎は本当に信頼でき、耐久性があり、絶対に安全であると言えるでしょう。.

建築用アーマチュアとは何ですか? ↑

基礎に必要な補強:タイプ、計算

基礎の補強は、高強度材料であり、滑らかなまたはリブのあるプロファイルでできています。鉄筋は高強度鋼で作られていますが、場合によってはファイバーグラスで作られていることもあります。メーカーによると、ガラス繊維強化は鋼と比較してはるかに高い強度を提供します.

補強の最も重要な指標の1つは、その直径であると見なされ、今日、最も幅広い品揃えで提示されています。補強材の直径が大きいほど、強度特性の要件が高くなります。標準的な個別の構造について話している場合、この場合は、直径8〜16 mmの補強材を使用すれば十分です。個々の基礎について、個別に補強を選択する必要があります。つまり、同じストリップ基礎の場合、同じ直径のロッドを使用する必要がありますが、ボイルド杭基礎ではそれらは異なります。.

表面とその価値↑

上記のように、基礎の補強材は滑らかな表面またはリブ表面を備えていますが、多くの人はどのオプションがより最適であるかを知りません。引張荷重に対する抵抗の高い効率を提供する材料について話している場合、コンクリートモルタルへの付着力が高いため、リブ付きの表面を備えた補強を検討する必要があります。ほとんどの場合、表面が滑らかなロッドは、スケルトンの構造要素としてのみ使用されます。つまり、リブ付き補強材の空間的な向きを提供するために使用されます。.

どのように適合しますか? ↑

基礎に必要な補強:タイプ、計算

今日の多くの人にとって最もシンプルで手頃な技術は、複数のロッドを単一のフレームに溶接することです。この技術も非常に高速に実行できることは注目に値しますが、溶接が行われる場所では、製品の強度が完全に失われ始めます。このため、このようなテクノロジーは最適なソリューションとはほど遠く、状況が絶望的である場合にのみ使用する必要があります.

別の一般的な技術は、補強材を編むことです。これは、ロッドの各交点でのワイヤー接続の形成を含みます。これは非常に複雑な作業ですが、慣れると、接続ごとに約5秒かかります。基礎の型枠を取り付ける前に編成を行う必要があります.

ストリップファンデーションにどの補強を選択しますか? ↑

ストリップファンデーションの特徴の1つは、この場合、上部と下部の補強ベルトが使用されていることです。この点で、ロッドの直径は、構造がこの基礎に与える負荷の種類に直接依存しますが、ほとんどの場合、約9〜14 mmです。使用する継手の直径が大きいほど、建物を建設する資本が増えます。補強ベルトは2つのリブ付きロッドで構成され、ジャンパーと滑らかなロッドを使用して結合されています。滑らかなロッドの直径は8 mmで、水平面だけでなく垂直面にも約500 mmの間隔で配置する必要があります。.

最終的に、フレームのすべての要素は、さらに構造の保護に使用されるコンクリートの層で覆われます。縦方向に向けられたロッドは、水平面にできるだけ近く、一種のビームである必要があります。これは、さまざまなストレッチに対して非常に耐性があります。縦型エレメントを取り付けるには、あらかじめ30mmのベースが必要です。したがって、頻繁に湿気にさらされるために発生することが多い腐食から材料を効果的に保護できます。.

モノリシックなデザインを作成する場合は、コーナーでロッドを直角にしないことを強くお勧めします。これは、労力をすべて無駄にするだけだからです。ロッドの配置はオーバーラップする必要があり、その後ピアスで結ぶ.

ボーリングされた杭の場合、この場合、基礎の補強には直径約10 mmのリブ付きロッドが含まれます。この場合の数は、使用する記入フォームの直径によって異なります。ほとんどの場合、フィルはアスベストセメントパイプで、直径は200 mmです。この場合、3〜4本の補強棒を使用すれば十分ですが、下側の棒が事前に用意されたコンクリートの台に当たるようにします.

スラブの基礎には何を使用しますか? ↑

基礎に必要な補強:タイプ、計算

スラブの基礎は、その非常に高度な信頼性によって特徴付けられますが、そのため、すべての中で最も高価です。したがって、補強のコストは建設の総コストの約20%を占めることができます。このようなベースの構築には、直径9〜15 mmの補強材を使用できますが、構築条件が難しいほど、ロッドの直径を大きくすることを選択することを忘れないでください。この場合、2本のベルトを敷くことが推奨されますが、最終的に細胞が形成されるように.

選択する継手のクラスは何ですか? ↑

ベース補強はクラスA-IまたはA-IIIを使用.

最初のオプションは、一定の円形断面と滑らかな表面によって特徴付けられます。ほとんどの場合、そのような補強材の使用は、大きな荷重が加えられていない、つまり強い引張りゾーンがない基礎部分で行われます。このような補強は、単一の補強ケージを形成するために使用されるため、取り付けと呼ばれます。たとえば、ストリップ基礎の補強について話している場合、これらのロッドは垂直補強と横補強の両方に使用されます.

クラスA-III構造の補強材は、断面が可変です。つまり、リブ付きの表面があります。上述のように、リブ付きの表面により、このような補強材はコンクリートとの接触が大幅に向上するという特徴があり、その結果、張力が増加する場所で使用することがより重要になります。この補強は引張荷重全体に耐えるため、その厚さは取り付けよりも大きくする必要があります.

総重量が約50トンの小さな軽量の家を建てる場合、補強材の土台のフレームには、直径が10 mmを超えない棒が含まれる場合があり、取り付け補強材の直径は最大6 mmになる場合もあります。重い家を建てる場合、この場合、補強材の直径はすでに12 mm以上である必要があります.

小径の継手は、現在、ベイだけでなく、個々のバーの形でも積極的に販売されています。基礎のためのより厚い建物補強は、ほとんどの場合、棒の形で独占的に販売されています.

ワイヤーと編み方を選ぶ↑

基礎に必要な補強:タイプ、計算

各束の編み線の数は約0.3メートルで、各接続には4つの束があり、フレームの隅にある棒を結ぶのに使用されるワイヤーの直径は約1 mmです。補強ケージの製造では、構造の最大の耐久性を確保するために、鋼線で編む技術を使用するのが通例です。ロッドが接合する場所の腐食を最終的に検出したくない場合は、溶接を使用することを強くお勧めしません.

専門家は編み物補強に専用ガンを使用することがよくあります。これにより、人件費を大幅に削減できますが、このツールのコストは多くの人にとって非常に高いため、自分の手で基礎を敷くときに常に使用できるとは限りません。.

直接使用される鉄筋の直径と量は、構造の大きさ、建設現場に存在する土壌の種類、およびコンクリートの種類の基礎が敷かれる場所によって異なります。基礎の補強の計算は、建物全体の設計プロセス中に実行する必要があります。設計ドキュメントで指定されている推奨事項に最も正確に準拠すること、および建設技術を適切に遵守することで、150年を超える基礎の長い耐用年数が保証されます。.

フィッティングの取り付け方の詳細については、以下のビデオをご覧ください。

logo

Leave a Comment