自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

もちろん、多くの人が家に大きな窓を設置しようとします。特に個人の家の場合は、このようにしてより多くの光が部屋に入り、昼間の内部の雰囲気がはるかに快適で居心地が良くなるためです。ただし、特に窓が東または南側に面している状況では、日光が多すぎる場合があります。この場合、灼熱の太陽から逃れるために、プラスチック製の窓にブラインドを取り付ける必要があります.

もちろん、別の方法として、二重窓を新しいものに完全に置き換えることを検討することもできます。これには、着色ガラスが含まれるか、単に特殊なフィルムを使用しますが、いずれにしても、このオプションははるかに高価であり、実装においてそれほど効果的ではありません部屋の中の光のアクセスを完全に遮断する必要があります.

どのブラインドを使用できますか? ↑

自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

今日、プラスチックやその他の窓のメーカーは、かなり幅広い種類のブラインドを提供しています。インストールが簡単なものもあれば、見た目が魅力的なものもありますが、そのような製品にはそれぞれ利点と機能が数多くあるため、それぞれを個別に選択する必要があります。主に3つのタイプがあります。

  • 横型
  • 垂直
  • 転がる.

縦型ブラインドが最近の部屋で使用されることはまれであり、まず第一に、これは多くの場合、そのような製品の設置が事務室と密接に関連しているためですが、同時に、状況によっては、その使用がより正当化されるためです。インテリアデザインの特定のバリエーションでは、それらの使用がより適切です。それらは窓の真上に固定されており、原則として、カーテンの完全な代替品であり、その使用の有用性をさらに制限します。.

より機能的なのは、水平ブラインドです。これは、窓の開口部の上だけでなく、スロープの外縁に沿って、または直接窓構造自体に固定することもでき、個々のブラインドの設置は、各リーフで実行できます。最後の2つのオプションの使用は、カーテンまたはカーテンと理想的に組み合わせることができるという理由で最も人気があり、ブラインドが窓自体に直接固定されている最後のインストールオプションでは、窓辺の追加のスペースを空けることもできます。ローラーブラインドは、個々のガラスに取り付けることもできます。.

インストールはどのように行われますか? ↑

自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

圧倒的多数のケースでは、ブラインドを購入した後、最良のインストールを実行する方法の詳細な説明を含む一連の指示が提供されます。多くの場合、取り付けプロセスは非常に単純なので、所有者はしばしばブラインドをプラスチック製の窓に取り付けます。以下のビデオの説明は、すべての作業を自分で実行する方法を明確に示しています。

ねじ回しのスキルがあり、必要なドリル、ねじ回し、定規もある場合は、原則として、専門家が関与することなく、設置する準備がほぼ整っています。.

窓の個々のセクションに水平ブラインドを取り付けることが最も難しく、同時にシャッターの取り付け方法と似ていることは注目に値します。それが将来的に私たちがそれを考慮する理由です.

やらなければいけないことは何? ↑

メーカーのパッケージには、ブラインドを取り付けるために必要なものがすべて揃っています。本体は釣り糸とコントロールチェーンで丁寧に巻かれ、すべてのネジと追加のコンポーネントはバッグに梱包されています。すべてを注意深く巻き戻し、ブラインドの軒からプラットフォームバンドを外す必要があります。その後、ブラインドを窓に固定する方法を選択する必要があります。

  • 構造をねじでねじ込みます。
  • ブラケットに固定します。
  • 壁に穴をあけるだけ.

最初のオプションでは、とにかくウィンドウプロファイルに穴を開ける必要があります。現在、このタイプの留め具は最も耐久性があり、信頼性が高いと言えます。特に、窓の締め付けやプロファイル自体に損傷を与えないためです。ただし、場合によっては、この方法の適用は、おそらくブラインドを完全に削除する必要があり、穴が本当に深刻な欠点になるという理由から、適切ではありません。このため、このような結果を排除するには、ブラケットに固定する技術を使用するのが最適です。ブラケットはさまざまな方法でフレームに固定できます。つまり、ブラインドは穴をあけずにプラスチック製の窓に取り付けます。.

ダボでの取り付け↑

自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

この場合、ブラインドをプラスチック製の窓に取り付けるのが最も難しいため、まず、横型ブラインドの取り付けを検討します。

  • 各エッジから同じ距離を測定します。
  • 壁に穴を開け、壁の材質に合わせてダボを挿入します。これで、マウントをネジで締めることができます。
  • 定規と水準器を使用して、2番目のマウントの位置を測定し、それをねじ込みます。横型ブラインドの場合、製品が指定された距離より広い場合は、別のフィクスチャーを使用する必要もあります。また、垂直ブラインドを天井に固定する必要があり、その幅が1.5メートルを超える場合は、3つの取り付けブラケットを使用する必要があります。
  • これで、取り付けられた器具にブラインドを固定することが可能になります.

役立つヒント↑

ダボは、ブラインドを固定する場所に応じて、壁や天井の材料だけでなく、使用する器具に合わせて使用​​するのが最適です。.

留め具を取り付ける前に、折り畳まれたシャッターが窓が正常に開くのを妨げるかどうかを事前に確認する必要があります.

フラワーポット、ウィンドウハンドル、または窓辺にあるその他の異物が、ブラインドの通常の開口部やラメラの回転を妨げるかどうかを注意深く確認することを強くお勧めします.

穴あけせずに設置↑

自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

前述のように、このテクノロジーでは、特殊なブラケットが基礎として使用されます。それらはさまざまな方法で固定することができ、その場合にのみ、ブラインドの支持構造をラッチまたはネジで留めることができます。そのような取り付けオプションの使用は、徹底的に掃除するためにブラインドを緩めることなく、または窓から完全に取り除くことさえ容易に可能になるという理由で人気があります。同時に、余分な穴が表示されたままにならず、ウィンドウプロファイルが損傷することもありません。.

この場合のブラケット自体の取り付けは、ねじまたは次のような他の方法を使用して実行できます。

  • サッシプロファイルの上部に固定。この方法の使用は、ブラインドの取り付けがオープニングサッシで行われる場合にのみ関係します。
  • 標準両面テープで固定.

最初のオプションでは、ブラケットと一緒に、穴やドライバーで追加の操作を行う必要なく、すべてを簡単に取り外すことができます。 2番目のオプションは、ねじの取り付け方法と似ていますが、ブラインドをねじ込む代わりに、表面にくっついています。.

保持ラインの穴の代わりに、両面テープを使用してフレームの底に簡単に接着できる標準のファスナーを使用できます.

ブラインドを窓に取り付ける方法がわからない場合は、以下のビデオを参考にしてください。

マウント↑

自分の手でブラインドを窓に取り付ける方法

過去数年の間に、非常に多くのさまざまな興味深い取り付けオプションが登場したという事実にもかかわらず、標準ドリルを使用した設置技術が最も関連性があります。ほとんどすべてのホームマスターは穴を開ける方法を完全に知っているので、ブラインドがプラスチック製の窓にどのように取り付けられているかをビデオで確認するだけで十分です。

この取り付けオプションにより、ブラインドを適切に吊るすだけでなく、ブラインドを安全に固定できるため、緩むことなく、また操作上の利点を失うことなく、長期間にわたって忠実にサービスを提供できます。.

logo

Leave a Comment